夏の思い出 2016
孫の成長ぶりに驚く

8月21日(日曜日)、孫が千葉に帰って行った。昨日までは部屋中を駆け回り、笑い声や泣き声が絶えず、毎日が大賑わいでした。帰省中は温泉旅行、プール、BBQ、スイカ割り、花火など、たくさんの夏の思い出ができました。幼稚園にいきだしてからはよく話ができるようになり、孫の成長は目を見張るばかりです。孫のいない我が家はひっそりと静まり返り、「寂しい…」また、会話のない夫婦生活がはじまります。

[ 旅と散策2016年8月2日 夏の思い出 2016 ]
孫が帰省 2016夏
4ヶ月振りの再会に感動
夏休みシーズンが近づくにつれ、孫の帰省を心待ちにしていました。

8月7日(日曜日)。京都市内では、37℃を超える猛暑日。孫が新幹線のぞみ「京都駅13:51着」で帰省、大きく手を振りながら笑顔で降りてきた。京都駅から自宅まで交通アクセスが悪く、毎回帰省の送迎は京都駅ホームまで来ています。今回の帰省期間は2週間、孫に朝早く起こされ、遊び相手にもなり、プールやBBQなど、夏ならではのお出かけスポットを考えています。今年の夏休みも孫に振り回されそうです。

※4歳8ケ月、身長108僉体重19.2圈また大きくなった。
世界遺産、ルクセンブルグ旧市街
旅行も終盤にさしかかる
朝ルクセンブルグまでバス移動して旧市街を散策して昼食。その後、一路ドイツ・デュッセルドルフ空港まで行き、全日空成田行きに乗って帰国の途に就きました。
今回のスイス旅行では、観光初日こそ雨にたたられましたが、それ以降は天候にも恵まれ、憧れのスイスアルプス4大名峰を間近に眺めることができ、思い出に残る旅行になりました。

天然の要塞に囲まれたルクセンブルグ旧市街地

ベネルクスという言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、オランダ、ベルギー、ルクセンブルクの3国を合わせた総称として呼ばれる言葉です。ルクセンブルク大公国は、フランス、ベルギー、ドイツに囲まれた神奈川県ほどの小さな国です。その首都ルクセンブルク市の旧市街と要塞が、1994年に世界遺産に登録されました。
※ルクセンブルク旧市街を通り抜けて、レストランで昼食、約2時間の滞在。

[ 旅と散策2016年7月7日 ルクセンブルグ ]
世界遺産、ストラスブール旧市街
スイス旅行7日目
朝、ツェルマット発の氷河特急に乗って、アンデルマットまで行きました。昼食後バスに戻りストラスブールまで行き、15世紀に出来た大聖堂を見学してサン・マルティン橋ふもとのレストランでアルザス料理を頂きました。

大聖堂を中心に木組みの家が立ち並ぶ

ストラスブールはフランスの東端、アルザス地方の中心都市です。豊富な石炭を巡りフランスとドイツ間の争いが絶えなかったので、アルザスはフランス領になったりドイツ領になったりを繰り返してきたのです。ストラスブール市街は、旧市街や運河沿いに並ぶ木骨組みの民家など伝統的な古い街並みと、街の中心にある大聖堂は、ストラスブールを代表する建築物で街のシンボルです。1988年、大聖堂を含むストラスブール旧市街は世界遺産となりました。

※ストラスブール大聖堂は、天にすらりと伸びる142mの尖塔、細微に渡る彫刻、 ヴォージュ山脈の砂岩でできたバラ色の壁が際立つゴシック建築の建物です。332段の 階段を上って大聖堂の平屋根まで行くと街が一望できます。

[ 旅と散策2016年7月6日 ストラスブール ]

▲PAGE TOP

カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

最近のエントリー
カテゴリー
スポンサー・サイト
ブログ内を検索


過去のエントリー
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS