2015年を振り返る
年末の候
12月29日(火曜日)。師走を迎え、なにかと気ぜわしい毎日です。
今年も残すところあとわずかとなりました。
午前中に事務所の掃除を終え、午後から忘年会。今日で年内の業務は終了です。

2015年を振り返る

今年一年を振り返ってみると、業界は非常に厳しい一年ではありましたが、社員の成長が大きな収穫でした。
私は今年一年は大病もせず、元気に過ごすことができました。身体が動けるうちに、海外・国内旅行を満喫、3年がかりで四国八十八ヶ所巡礼の満願成就など、ブログでも紹介させて頂きました。今年一年、ブログをご覧頂きありがとうございました。

来年もホームページの更新も含め、近況報告をさせていただきます。
年末に向けて、ますます寒さも厳しくなりますが、どうぞ良いお年をお迎えください。
宝鏡寺は、別名「人形寺」
年の瀬の京都
宝鏡寺は、京都市上京区にある尼門跡寺院です。
人形供養のお寺として有名で、別名「人形寺」とも呼ばれています。

12月23日(水曜日・天皇誕生日)雨。年末、座敷の天袋を片付けていると、大切にしてきた古い雛人形が出てきました。雛人形には、生まれた子どもが健やかで優しい女性に育つようにとの親の願いが込められています。人形顔の表情を見ていると、ゴミとして捨てるのも何だか忍びないので、人形供養をしてもらえる宝鏡寺に行ってきました。
※雛人形を紙袋に入れて、受付に持参。お供養料:3000円より。

宝鏡寺と人形供養

宝鏡寺では皇女方が入寺されていたことから御所より人形が贈られ、孝明天皇ご遺愛の人形をはじめ、由緒ある人形を数多く保存しています。
昭和32(1957)年の秋より人形展(一般公開)が始まり、年1回、秋に人形供養祭が営まれることとなり人形塚も建立され、いつの頃からか人形の寺として名高くなりました。そうしてその頃より、人形が供養に納められるようになり、今日にいたっています。

宝鏡寺、住所:京都府京都市上京区寺之内通堀川東入百々町547
アクセス:地下鉄烏丸線「鞍馬口駅」または「今出川駅」下車、徒歩15分市バス「堀川寺之内」下車すぐ。
16年ぶりの大腸内視鏡検査
便潜血検査は陰性(−)でも、大腸内視鏡検査
1999年12月(52歳)大腸がんを発病し、S状結腸を切除する開腹手術を受けました。それ以降毎年、大腸がん検診として便潜血検査を行っていますが「陰性」です。先日通院した際、「便潜血検査は陰性で、大腸がんは大丈夫ですか?」と尋ねると、大腸がんの症状により、出血したりしなかったりすることがあり、小さなポリープでは便に血が混じることはありません。16年ぶりに、大腸内視鏡検査を受診することにしました。

ショック !「大腸ポリープ5個切除」

2015年12月18日(金曜日)大腸内視鏡検査前日早めに夕食を済ませ、就寝前に下剤を飲む。検査当日に大腸をきれいにする、苦手な下剤(2リットル)を数回に分けて、ゆっくり飲みます。その後、何度もトイレに通いお腹が空の状態で病院へ行く。いよいよ大腸内視鏡検査です。紙パンツとガウンに着替え検査台に横になります。肛門より内視鏡を挿入して大腸腸管の大腸ポリープや大腸がんなどを診断します。

内視鏡カメラが入るや否やポリープが見つかり、次々と5つポリープが見つかりました。内視鏡的ポリープの切除術が始まり、約40分で終了。5つのポリープ切除も無事終え、止血剤の点滴を行い治療は終わりました。また、検査時に腸内に入った空気は、検査後お腹の張りと痛みが多少あり、おならを出すことで痛みがなくなります。

<注>高齢になるとポリープが増加傾向にあるようです。毎年の便潜血検査は当然ですが、定期的(2〜3年毎)に大腸内視鏡検査の受診をお勧めします。

>大腸ポリープ切除後の便秘
四国巡礼満願お礼参り「高野山・奥の院」
今年は暖冬
12月12日(土曜日)晴れ。
日中の気温15℃と12月にしては暖かい一日となりました。

高野山満願お礼参り
思い起こせば、2012年9月に四国最南端にある、三十八番札所「金剛福寺」から巡礼の旅がはじまり、足掛け3年余りに及び、四国八十八ヶ所の霊場を満願成就しました。

八十八番札所「大窪寺」結願後、10年振りに、高野山へ満願お礼参りに訪れるました。高野の玄関口「大門」⇒壇上伽藍⇒金剛峯寺⇒女人堂⇒奥の院へ、一の橋から御廟までの約2kmの参道沿いに約20万基ともいわれる墓石、供養塔、霊屋、慰霊碑などが密集して並んでいます。奥の院へは、玉川にかかる御廟橋を渡ると燈籠堂、奥へ進むと弘法大師の御廟があります。また、燈籠堂の地下には、大きな独鈷とお数珠に触れてお参りすることができます。

参拝後は、納経所で最後のご朱印を納経軸に頂き無事満願成就となりました。
帰りに、奥の院門前の仏具店で掛け軸の表装をお願いし、来年1月の出来上がりです。

[ 旅と散策2015年12月12日 高野山・金剛峯寺 ]
[ 旅と散策2015年12月12日 高野山・壇上伽藍 ]
[ 旅と散策2015年12月12日 高野山・女人堂 ]
[ 旅と散策2015年12月12日 高野山・奥の院 ]
一家に一台たこ焼き器
意外と難しい「たこ焼き」

関西人のソウルフードといえば「たこ焼き」。自宅に「たこ焼き器がある?」と聞くと、一家に一台があります。お正月は孫が帰省して、たこ焼きパーティーを開くので、都市ガス用のたこ焼き器に買い換えました。(24個焼けるたこ焼き器)


たこ焼き器(鉄板)のならしは、油を多めに引き、鉄板は十分に熱してから、もう一度油を引いてから生地を流し込みます。
材料は市販のたこ焼きの粉(粉 100g: 卵 1 個: 水 300cc)、茹でだこ 、ねぎ、天かす、紅しょうが、たこ焼きソース、青海苔、花かつおなど。最初は生地が鉄板にへばりついて、うまく返せません。回を重ねるごとに、上手くなりました。

たこ焼き返し(千枚通し)で、まんべんなくたこ焼きを回転させながら焼く、たこ焼きが濃いキツネ色になったら、外はカリッと中はトロリの美味しいたこ焼きの出来上がりです。週末の練習で、腕をあげました。
※また具材やタレ、トッピングを変えるとたこ焼きも楽しいです。
2015年社員旅行
11月13日(金曜日)〜14日(土曜日)曇り。
毎年恒例となっている、社員旅行「奥飛騨温泉郷・新穂高温泉」に行ってきました。

温泉にグルメ、お買物ツアー

2015年秋の社員旅行。13日AM8:30事務所を出発⇒15:00新穂高ロープウェイ着、日本唯一の2階建てゴンドラで標高2200mの雲の上へ⇒夕方早めに、岐阜県高山市の奥飛騨温泉郷「新穂高温泉・槍見館」で、温泉と美味しい食事⇒翌朝出発前に、旅館で恒例の餅つきに参加⇒赤かぶの里(お買物)⇒飛騨高山市「宮川朝市」お買物⇒昼食は郡上八幡(炭火焼うなぎの魚寅)⇒食品サンプル工房⇒6時頃事務所到着。

今年の旅行も温泉にグルメ、お買物ツアーなど盛りだくさんな内容に大満足!

[ 旅と散策2015年11月14日 2015年社員旅行 ]

▲PAGE TOP

カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< December 2015 >>
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

最近のエントリー
カテゴリー
スポンサー・サイト
ブログ内を検索


過去のエントリー
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS