夏越の大祓の日には「水無月」を食べる
月餅家直正の水無月

京都市中京区木屋町通三条上ル、「月餅家直正」の水無月を2本買って帰った。 これは写真のように、大きく四角いかたまりで売っていますが、四分の一に切って頂きます。上には小豆、栗がのっていて抹茶で色付けされ、とても美味しいです。年中販売されていますが、人気商品のためにすぐに売り切れます。
関西地方では、夏越の大祓の日(6月30日)和菓子の「水無月」を食べる習慣があります。

このお菓子は、三角形に切られた白いういろうに小豆をのせた菓子です。上にのせる小豆は悪魔払いの意味があって、三角形のういろうは暑気を払う氷を表しているみたいです。
城南宮「夏越の大祓い」
早いもので今年も半分が過ぎようとしています。
梅雨の晴れ間が広がる関西地方では、夏の風物詩ともいえる古来からの風習「夏越の大祓い」に毎年お参りします。今年も「城南宮」(期間は6月25日〜30日までの間)で「茅の輪くぐり」と「人形流し」が行われます。城南宮は、方除け神として崇敬され、境内に名園楽水苑がある。春秋の「曲水の宴」がよく知られています。 

茅の輪神事

=6月30日は、京都の主な神社では大きな「茅の輪」を社頭に飾り、その茅の輪をくぐると無病息災・悪厄退散になると伝えられています。夏越の大祓いは、一年のちょうど半分の区切りにお祓いをして、これから迎える暑い夏を健やかに過ごそうとする神事です。参拝者が「水無月の夏越の祓いをする人は、千歳の命のぶというなり」などと唱えながら、境内の茅の輪(葦の葉で作った輪)を、左に回り右に回って、再びくぐり抜けて本殿にお参りをします。

そして神苑の春の山に進み、人形(ひとがた)を禊(みそぎ)の小川に流す。こうして半年の間の罪や穢れを祓い心身を清浄にし、これからの暑さに負けないよう、残り半年の無病息災を祈願します。

住所:京都市伏見区中島鳥羽離宮町7 TEL:075-623-0846 「駐車場無料:200台」
[ 旅と散策2007年3月3日 城南宮の梅 ]
藤森神社境内の御神水「不二の水」
深草にある藤森神社は平安遷都以前から祀られている古い社である。今日では勝運と学問の神様として、スポーツ関係者や就学祈願者の参拝で賑わっている。5、6月になると駈馬神事で有名な「藤森祭」や、毎年美しい紫陽花が観賞できる「紫陽花まつり」が行われるのでその賑わいも一層となる。

京都伏見の名水

本殿の東側に「不二の水」があります。酒造が多く、伏見の名水に数えられ、組み上げた石の隙間から手洗鉢へ流れ落ちている2筋のご神水です。「不二」という名は「2つとない美味しい水」という意味らしい。地元人に人気の水汲み場だが、遠方からも水を汲みに来られる人々が後を絶たない。特に勝運を授けるご神水として信仰されているので、馬券を握り締めて水を飲みにくる人も多いとか。

この場所には昔から井戸があったのだが何度かその水は枯れている。その度にボーリングを行い復活させてきたのだ。現在、地下90mから湧き出るご神水は3代目だという。

住所:京都市伏見区深草鳥居崎町609 TEL:075-641-1045
[ 旅と散策2011年6月14日 藤森神社のあじさい ]
バラとアジサイ「ぶらり散歩道」
今日は夏至です。
6月22日(水)曇り。一年で昼の長さがもっとも長い「夏至の日」です。
気温30℃、湿度70%で、今日はかなり蒸し暑い一日に、どうしても我慢できずエアコンのスイッチを入れてしまった。(設定温度28℃)

もりやまバラ・ハープ園

バラは春と秋に見頃を迎えるそうです。春は5月の中頃から6月にかけて見頃を迎え、赤、黄色、ピンク、白など色とりどりのバラが咲いています。82種1800本のバラ・100種3900本のハーブがあります。大温室には約200本の観葉植物を栽培しており年間を通じて楽しめます。また、ハーブを集めた「香りの温室」や「ベゴニア温室」もあります。「入園料大人:200円」

住所:滋賀県守山市幸津川町2840 TEL:077-585-1975
[ 旅と散策2011年6月4日 もりやまバラ・ハープ園 ]

勝運と馬の神社「藤森神社」

藤森神社は、紫陽花の宮として知られ、例年多くの観光客が訪れます。境内には、二ヵ所の紫陽花苑があり、延べ1500坪の苑内には3500株の紫陽花が咲き誇っております。
「入苑料大人:300円」

また「菖蒲の節句」発祥の神社として知られ、菖蒲が勝負に通じること、毎年5月5日に行われる藤森祭で曲乗りの妙技で有名な「駈馬神事」が行われることから「勝運と馬の神社」として特に信仰が厚く、競馬関係者(馬主・騎手等)、競馬ファンの参拝者でも賑わっています。

住所:京都市伏見区深草鳥居崎町609 TEL:075-641-1045
[ 旅と散策2011年6月14日 藤森神社のあじさい ]
夏の節電目標20%
進まぬ震災復興と原発収束
東日本大震災から3ヶ月が経ちましたが、震災復興が思うように進んでいません。また、福島第一原発の事故による放射能問題は、次から次と新たな事実が判明し、まだまだ予断を許さない状況が続いております。今夏の電力不足が予想される関西電力も、近畿中心に企業や家庭に対し、7月1日から昨夏比で15%程度の節電を呼びかける方針を発表しました。定期検査で停止中の原発の運転再開の見通しが立たず、福井県にある関西電力の原発全11基のうち夏に6基が使えない可能性が高まったためです。

節電対策で経費も削減 

当社も関西電力の節電の呼びかけに協力し「夏の節電目標20%」をスローガンに全社員が取り組んでいます。全員から節電対策の意見を出し合い、簡単に出来る身近なことから実施しています。まず始めに、社員一人ひとりが節電への意識の向上が大切です。事務所内の室内照明(蛍光灯)を昼間半減、昼の休憩時間は消灯、白熱電球からLED電球に交換、外出時はパソコンの電源をOFF、冷房設定温度を28℃、夜間の残業禁止、夜間自動点灯の大型看板の消灯、昨年の電気使用量や電気代金の比較データを作成し、節電20%目標達成に向けて取り組んでいます。

※店頭掲示ポスター
 「ただいま節電中です。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。」
暑気払いの納涼飲み会
6月13日(月)。京都は27℃を超える蒸し暑い一日となりました。
2011年前半戦も終えて、日頃の仕事の疲れを癒しに、毎年恒例となっている暑気払いビアパーティーを開催した。

大いに盛り上がったビアパーティー

京都市内は、三方を東山、北山、西山に囲まれた盆地で、中心部はすり鉢の底になっていて、夏は蒸し暑い。飲み会の場所は若手社員に一任し、京都駅ホテルグランビアのカフェレストラン「ル・タン」に決まる。ホテル2階フロアーの天井は高くて広々としている。目の前ではシェフが腕を奮う活気溢れるオープンキッチンで、食べ放題・飲放題メニューに、とりあえず生ビールで乾杯!

料理は洋食各種に京野菜など次から次と何度もトレーを持ってお替わり自由、食事が済めば今度はデザート、ケーキにフルーツとアイスクリームなど美味しい料理をお腹いっぱい頂きました。華やかな雰囲気の中笑顔で会話も弾み、楽しい時間はあっと言う間に過ぎました。

皆さんの食欲を見ていると、梅雨の蒸し暑さも吹き飛ばすくらいの飲みっぷり食べっぷりで今年の猛暑も乗り切れそうです 。「後半戦も、よろしくお願いします!」
初夏を彩る、勧修寺の氷池園
5月21日(土)曇り時々晴れ。
勧修寺の庭園を見に行ってきました。今年は春先の冷え込みで、平年より1週間遅い開花。やっと初夏の花も咲き揃い、境内の新緑も彩りを添えていました。

勧修寺は、平安時代の作庭と伝えられる氷室の池を中心とした池泉回遊式庭園に、紫のカキツバタ、キショウブ、スイレンが綺麗に初夏の花々が咲いていました。花菖蒲は少し早いのか殆ど咲いておらず、池の鯉が元気よく泳ぐ姿がみられ、木々にはサギの巣があり、子育てに親鳥が忙しそうです。水辺では、多くの写真愛好家たちが、氷室の池にやってくるカワセミをカメラに収めようとシャッターチャンスを狙っていました。

見所は「勧修寺灯篭」と呼ばれ、水戸光圀の寄進と伝えられている「水戸灯篭」。灯篭を囲んでいる樹はハイビャクシン(偃柏槇)で樹齢750年だそうです。

住所:山科区勧修寺仁王堂町27-6 TEL:075-571-0048 「拝観料大人:400円」
[ 旅と散策2011年5月21日 京都山科・勧修寺 ]
琵琶湖堅田の「出島灯台」
近江八景を愛でる
近江八景の一つである「矢橋の帰帆」、堅田の「堅田の落鴈」が知られるが、堅田には立ち寄りスポット「出島の灯台」がある。琵琶湖大橋や対岸を望む景色の美しさと吹く風が心地よい。

木製の出島灯台(でけじまとうだい)

琵琶湖の最狭部に位置する今堅田の岬の先端に、明治8(1875)年に立てられた他に類を見ない木造の灯台です。高床形式で四隅に立つ4本の柱と、中心に立つ支柱の計5本の柱で支え、高さ7.8mの支柱の頂部に火袋を取り付けます。光源は大正7(1918)年まではランプを使用し、それ以降電灯に切り替えましたが、一度途絶え、平成元年(1989)年地元有志により点灯が再開されました。昭和36(1961)年9月の第2室戸台風により倒壊寸前の状態となりましたが、地元の熱心な保存運動により、昭和48(1973)年、今日見る姿に復旧されました。

住所:大津市今堅田町1丁目 堅田駅前観光案内所 TEL:077-573-1000
[ 旅と散策2011年6月4日 出島灯台 ]
潮騒文学の神島
三島由紀夫(1925〜1970年)が発表した小説「潮騒」の舞台として一躍有名になった「神島」へ… 今年1月に「菅島灯台」に寄って、神島も一緒に行くつもりが、定期船が出航した後であきらめて、再度訪れました。

伊良湖水道が一望

鳥羽市「佐田浜港」午前10:45発の高速船に乗船し40分、和具港を経由、美しい三角形の神島が見えてきます。島についたら、ゲータ祭りが行われる八代神社へ参拝、214段の長い階段を登って、海の方向を振り返ると景観が見事です。
その後、神島灯台からは潮流が速く暗礁もあって船の難所の伊良湖水道を名古屋港、四日市港、三河港等に出入りする大型タンカーや貨物船が行き交う。「航路の幅約1200m、長さ約3.9km」

神島灯台「日本の灯台50選」

2010年3月22日、渥美半島の最先端に立つ「伊良湖岬灯台」に行った時、対岸の神島灯台が中腹にあり、今回は伊良湖岬先端に伊良湖岬灯台が小さく見えます。
「伊良湖岬灯台まで 僅か4.4辧
八代神社から上り坂を20分で神島灯台へ、監的哨、カルスト地形、八畳ヶ岩、古里の浜にはハマヒルガオが見事に群生していました。島内一周4kmコースの観光スポットを約2時間のんびりめぐり、帰りの高速船(鳥羽行き 15:45発)まで時間があったので、港のおばさんに神島の歴史や映画「潮騒」ロケなどの話題に聞き入った。
鳥羽市観光協会 TEL:0599-25-1157
[ 旅と散策2011年5月14日 神島 ]
宇治「平等院鳳凰堂」
宇治川散策

5月7日(土)晴れ。藤の花が見頃を迎えている宇治・平等院に、7年ぶりに訪れましたが、GW期間中はいつもより多くの観光客で溢れていました。平等院に咲く藤の花は地面に枝垂れて、優雅な藤の香りを辺りに漂わせていました。7年前と比較して「藤棚再生計画」で、元気を取り戻したようです。また宇治川周辺には、興聖寺、世界遺産「宇治上神社」など、見所がたくさんあり散策にはうってつけです。

鳳凰堂と藤棚

平等院の藤棚は、樹齢200年以上の「ノダフジ」で、観音堂の横の300屬涼に4株あり、毎年4月末から5月上旬にかけて香り豊かに花開きます。創建した藤原家の家紋が藤であり平等院のシンボルでもあります。また平等院境内には、5月につつじ、6月から蓮の花が咲く阿字池、平等院ミュージアム鳳翔館など見所はたくさんあります。
「拝観料:600円+鳳翔館・平等院ミュージアム含」

住所:京都府宇治市宇治蓮華116 TEL:0774-21-2861
[ 旅と散策2011年5月7日 平等院と藤棚 ]
チャドクガ(毛虫)を発見!
今日から6月スタート!
梅雨入りが早ければ、梅雨明けも早いのでしょうか? そうなると猛暑日も長引き、電力消費は大きくなり15%の節電に協力しなければ…

チャドクガ(茶毒蛾)

6月1日(火)雨。週末、庭の掃除をしていると何だか身体にかゆみが走った 「おかしい?」すぐそばの椿の葉っぱが丸坊主になっているのに気付くと、体長は25mmのチャドクガ の大群を発見! 早速、長袖のシャツに着替えて、外部に肌をさらさないように顔にもタオルを巻き付けて完全武装。毛虫に向けて強力な殺虫剤を噴射すると動き出す、弱まったところを見計らって枝ごと大きなゴミ袋に封じ込めます。一度刺されているので用心深く。  

チャドクガは、人を刺すのは目立って長い毛ではなく、毛虫のからだ中に50万〜600万本もある微細な毒針毛です。それが皮膚に刺さると激しいかゆみをともなう皮膚炎を起こします。ツバキやサザンカの葉に毛虫が群がっていたら、まずこの毛虫と考えて間違いありませんので気をつけて下さい。
( 毛虫の発生時期は、4〜6月、8〜9月の年2回 )
※写真は、チャドクガに刺された症状

▲PAGE TOP

カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< June 2011 >>
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

最近のエントリー
カテゴリー
スポンサー・サイト
ブログ内を検索


過去のエントリー
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS