若手社員を採用する絶好のチャンス
昨年は厳しい1年だっただけに、新しい年を迎え、今年こそは「明るく、元気に、頑張るぞ!」と、多くの方は期待を込めての仕事始めとなったのではないでしょうか。しかし、引き続き大企業を中心に、派遣社員の大量解雇や正社員のリストラ、新卒採用を控えるなど雇用環境の悪化、また賃金が伸び悩む中で、多くの家庭では買い控えや節約といった生活防衛へと向っており、この景気の冷え込みはしばらく続きそうです。一方、われわれのような零細企業にとっては優秀な人材を確保する、またとないチャンスでもあります。

当社では、良い人材であれば、新卒者を含め未経験者であっても若い社員を積極的に採用していく方針でやっています。とくに、現在の学生の就職状況は、内定取り消しが相次ぐなど、近年の売り手市場から一転して買い手市場となり、非常に厳しくなっています。そんな中、この春学校を卒業する新卒者を採用することにしました。2月からアルバイトとして仕事に慣れてもらい (インターンシップ制度)、4月からは正社員に登用する予定です。当社も業績は悪化していますが、今の時期に将来を見据えた取り組みをしておくべきだと判断しました。

これまでも、各大学や専門学校などの就職課へは求人案内を出していたのですが、思うように採用することはできませんでした。大企業と違って、当社のような零細企業には、学生もあまり関心を示してくれず、大変苦労してきました。就職するのが厳しくなってきているこういう時期だからこそ、当社にとっては若い優秀な人材を確保できる絶好のチャンスだと感じています。内定取り消しとなった学生さんも当社では大歓迎です。今後も若手社員を積極的に採用していくつもりです。

現在、社員の平均年齢は 24.5歳になっており、しかも保険業界経験者はいません。要するに素人集団の代理店です。それでも、ちゃんと育成していけば、他の代理店には決して負けないと思っています。以前は、社員を採用するにあたって、ある程度社会経験を積んだ人のほうがいいと考え、中途採用が中心で、新卒者の採用は少しためらいがありました。実際に新卒者を採用してみると、無色透明で何色にも染まっていない分、いろんなことをすぐに吸収し、思っている以上に成長していきます。また、顧客層の若返りに対応でき、会社自体も若返って、活性化されます。営業力という部分では、もっと経験を積む必要はありますが、長い目で見れば将来が楽しみです。

私が社員たちに期待するのは、思い切って何事にも挑戦してほしいということです。失敗を恐れて逃げていては成長しません。いろんな失敗を繰り返し、その経験から学んで、より大きく成長していくのだと思います。挑戦する意欲を決して失わないでほしいです。若く、未経験者(素人)だからこそ、大胆にやれることも多くあるはずです。従来の枠にとらわれず、自由な発想で、明るく、元気に、伸び伸びと、仕事をしてもらいたいです。今は、若い社員の成長がなによりの喜びです。
見て食べて楽しむ陶器
2009.1.24
24日(土)晴れ。今年は景気低迷で厳しい年になりそうです。 
今更じたばたしたところでしょうがない、今の経営スタイルを崩さすに、信念を貫きポジティブに頑張るしかない。

夫婦円満の秘訣は共通の趣味

電動ろくろは練習しないとなかなか腕が上達しない。集中力が途切れると「もういいか?」と諦めてしまう。お茶碗を作るつもりが、いつの間にか小皿や丼鉢に変わっていたり・・・。今回も思うように出来なかったが、信楽町に来るのが目的であり、自然の中で心身ともにリフレッシュできる。

出来上がった陶器は、色付けで一段とイメージも変わります。会話の少ない夫婦が、唯一作陶談義に花が咲き和やかな雰囲気に食卓を賑わせてくれます。夫婦共通の趣味を持つことが夫婦円満の秘訣でしょうか… [ 信楽焼きの作陶体験 ]
Happy birthday
1月16日、今日は私の誕生日です。仕事を終えてスポーツジムで汗を流して帰ると、食卓には北海道産の毛蟹と栗入り赤飯で誕生日のお祝い「お酒でも飲むか?」 

61回目の誕生日

60歳を過ぎると誕生日と言ってもあまり嬉しくもない。プレゼントもなければ夫婦で食卓に向かい無言で食事をするだけ。妻の誕生日が3月なので、2月に夫婦で北海道の雪祭りに行くことにした。
現在は、仕事も無理せず適度な緊張感は体にいいのかもしれない、毎日パソコンに向かってキーボードを打つのがボケ防止に一役買ってくれそうです。せめて70歳までは、ジム通いで足腰を丈夫に鍛え、いつまでも夫婦で旅行が出来ればいい、後残り9年です。それ以上の人生はおまけみたいなもの、ジムで体を鍛え、寝込まないように過ごせるように努力したいと思います。
京野菜の七草粥
無病息災・長寿の薬草

昨日は、一年の無病息災を願って春の七草を使って作る七草粥を食べる日でした。今は胃の調子が悪くて毎朝お粥を食べています。3年前の健康診断で、胃カメラの検査結果で胃潰瘍と十二腸潰瘍と病名を告げられました。普段の昼食はどうしても外食で食べ過ぎの上カロリーオーバー気味です。いつもは 20回以上は噛むように努力しているのですが… 満腹中枢が働くまで、どんどん早く食べ続けるから太るんだとか? 食べ過ぎと早食いは当分の間直りそうもありません。就寝前に処方薬の胃酸を抑える錠剤を飲んでいますが、潰瘍は一向に良くなりません。前回のブログで紹介しましたが、今年からは変わろうと「何事もスローライフで、ゆっくり」と、日々自分に言いきかせています。

健やかな成長を願う初春の縁起もの 

お正月の7日にお粥に七草を入れて、1年の無病息災を願って朝に頂きます。年末に焼き上がった信楽焼きの新しいお茶碗で、7種の野草、菘 (すずな)・ 蘿蔔 (すずしろ)・ 芹 (せり)・ 薺 (なずな)・ 御形 (ごぎょう)・ 繁縷 (はこべら)・ 仏の座 (ほとけのざ)を、スーパーで 1パック 398円で買って来た。あまり美味しいとは言えないが、お正月の飲み過ぎがたたったのか少し疲れ気味の胃腸をいたわり落ち着かせてくれるのではないかと… 春の七草を食べる習慣は江戸時代に広まったと言われ、早春にいち早く芽吹くことから邪気を払うとも言われています。春の七草にあやかって、年の初めに食べて今年1年間も健康で過ごせますようにと願い、やがて訪れる春を待ちわびています。

▲PAGE TOP

カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< January 2009 >>
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

最近のエントリー
カテゴリー
スポンサー・サイト
ブログ内を検索


過去のエントリー
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS