集中豪雨で浸水被害、迅速な対応で安心を
6月20日(金)の夜9時頃、自宅でテレビを見ているとニュース速報が流れ、枚方市・八幡市に「大雨警報」というテロップが流れました。確かに雨の勢いが増してきているとは思いましたが、さほど気にもせず、その日は床につきました。しかし、次の日の新聞(夕刊)を読んで驚きました。前夜の集中豪雨によって事務所がある地区(枚方市楠葉朝日)一帯で床上・床下浸水の被害が発生したという記事が載っていました。

翌日、事務所の様子を見に行きました。契約者である隣の散髪屋のご主人に話を聞きと、横を流れる川の水位が一気に上昇し、あっという間に川の水が溢れ出し、道路に押し寄せてきたそうです。事務所前の幹線道路は川のようになってしまったとのことです。ご主人のお店は浸水の被害にあったようですが、幸い当社の事務所は歩道から階段 2段分高くなっていたおかげで、危機一髪のところで浸水は免れました。それでも、バスが通るたびに道路から泥水の大きな波が押し寄せてきて、危なかったようです。事務所の周辺の至るところには、市役所が用意した土嚢が積み上げられていて、被害の大きさを物語っていました。

その翌日23日(月)の営業日の朝一番、社員に当社の顧客情報システムから被害地区の契約者を検索して、契約している種目、補償内容を調べて、お見舞いと被害状況の確認の連絡を午前中にすべてするよう指示を出しました。早ければ早いほど、お客さまも安心されます。その間も事故の連絡が入るなど、とにかくてんてこ舞いでした。こちらからの連絡に対し、被害がなかったお客さまからは「親切にわざわざありがとうございます」 
散髪屋のご主人が当日の写真を持って来られた。その写真を見て改めて自然(大雨)の恐ろしさを感じました。また、道路を挟んで向かいのイタリアンレストランも当社のお客さまなので、お見舞いに行くと、ここもやはり浸水の被害にあったようで、掃除や後片づけで大変なようでした。

話を聞くと、あっという間にお店の中に水が流れ込んできて、メジャーで測ってみたところ床から35cmのところまで来ていたそうです。仕入れたトマトなどの食材は水に浸かり、使い物にならないと嘆いておられました。 残念ながら商品までカバーする保険には入っておられませんでしたが、什器・備品はカバーされるので「保険金のお支払いの対象になるものもありますので、少しはお役に立てるかもしれません。とにかく見積もりを出してください。 被害状況について写真を撮っておきますね」と言うと、少し安心されたようでした。

結局、今回の大雨の被害によって、当社のお客さまで保険金支払いの対象となる事故は自動車を含め 4件ありました。ただ、少し残念に思ったことがあります。長年、地域密着で頑張ってきたはずなのに、思っていた以上に事務所周辺の契約者の数が少なかったことです。様々な販売チャネルが出てきて競争が激しくなっていますが、これを機会に近くにお住まいのお客さまに、当社の存在をもっと知ってもらい、より良い商品を提供していかなければならないと改めて感じました。事故が発生した際に、迅速な対応ができるのは、身近な信頼できる代理店だと思います。
西瓜 マダーボール
先週、6月15日(第3日曜日) 夜間指定の宅配便が娘から届いた。
母の日は良く覚えているようですが、いつも忘れがちなのが「父の日」です。

父の日のプレゼント

送り主は、千葉県在住の娘夫婦からの「父の日のプレゼント」でした。毎年定番となっている「マザー牧場」のジャージー牛乳と飲むヨーグルトの詰め合わせですが、今年は西瓜(マダーボール)の詰め合わせで、ラグビーボールよりやや小振りの大きさです。早速、段ボール箱から取り出して、冷蔵庫の野菜室(15℃前後)にすっぽり入るサイズで皮も薄くて2.3時間後には食べれます。毎晩食後に夫婦で、1/4カットしていただきましたが、とても甘くてジュシーで美味しかったです。

西瓜には、利尿作用や高血圧、解熱作用、心臓病、尿路結石、二日酔い等に効能があると言われています。西瓜の果汁に含まれるシトリン(アミノ酸)やカルチノイドのリコピン、リン酸、カリウム等に利尿作用があり、これらの病気に効果があります。
 
毎年、忘れないで贈られてくる「父の日のプレゼント」に感謝しています。
早速、お礼のメールを送信しました。

父の日の由来は、アメリカのワシントン州に住む「ジョン・ブルース・ドット婦人」の提唱による。彼女の父「ウィリアム・ジャクソン・スマート」は妻に先立たれ、ドット婦人ら6人の兄弟を男手一つで育てあげた。そんな父に育てられた彼女は「母の日」の存在を知り、父に感謝する日も必要であると、1909年6月19日(第三日曜日)に「父の日」の制定を提唱。一般的な行事となったのは、日本では1980年代である。
9年前の約束を果たすため福岡へ
9年前の約束をようやく果たすことができました。
平成11年9月、旧興亜火災の九州・四国・中国地区の大手代理店経営者が約 100名集まる研修会があり、私はそこで講師を務めることになっていたのですが、運悪く、その前日に過労とストレスが原因で血圧が上昇し倒れてしまったのです。医者から自宅安静を言い渡され、やむなく福岡行きは諦めざるをえなくなりました。要するに講演をドタキャンしてしまったわけです。関係者や参加者の方々には本当に迷惑な話です。

当時は『代理店もかわらなきゃ!』を出版したこともあって、講演の依頼を多数いただき、毎週のように全国各地を飛び回っていた状況で、しかも初めて行く土地で初対面の代理店の皆さんと夜遅くまで、飲みながら語り合うなど、今振り返ると、少し無茶な多忙な日々が続いていました。

それから約9年が経ち、私も今年で還暦を迎えました。これまでの人生の中でやり残してきたこと、気になっていることがずいぶんとあり、そのひとつにこの出来事があります。ずっと心のどこかに引っかかっていて、悶々としていたのです。60歳という節目に、思い切って当時の世話人だった日本興亜損保の代理店である前田さんに、福岡まで行って直接その時のお詫びがしたいと電話を入れたのです。前田さんは「是非来てください。折角なので講演をまたやりましょう! 仲間に声をかけます」 とまで言ってくださいました。そして、6月7日(土)から1泊2日の予定で福岡行きが決まりました。

今度こそはコンディションを整え、同じ失敗を繰り返さないようにしないと…。福岡行きまでの間、仕事を終えるとスポーツジムへ通い、ランニングマシンやヨガで体力、気力をアップさせ、体調管理を万全するよう心がけました。

当日の朝は、いつもより早く目が覚め、JR博多駅にはお昼の 12時過ぎに到着。前田さんが改札口までわざわざ出迎えに来てくれていました。初めて会う前田さんとガッチリ握手を交わし、私と同じ年齢とは思えないほどのパワーを感じました。タクシーで天神にある有名な魚料理専門店で昼食をいただき、ホテルにチェックイン。

福岡市文学館(赤煉瓦文化館)

講演会場は、重要文化財にもなっているレトロな趣のある福岡市文学館(赤煉瓦文化館)の会議室です。こんな歴史のある場所で講演できるのは最初で最後かもしれません。講演開始前、プロジェクターの配線ミスによるトラブルもあって、少し焦りましたが、無事定刻通りにスタート。演題は『代理店もかわらなきゃ!あれから10年』としました。これまでの代理店経営の中で私が経験してきたことについて包み隠さず、素直にお話させていただきました。失敗したり、悩んだりしたことのほうが圧倒的に多くありますが、それをどう克服し、乗り越えてきたのかを私なりに語りました。予定より 10分ほど時間は延長しましたが、講演は滞りなく終えることができ、ようやく肩の荷が下りました。

今回も前田さんに企画から運営までお忙しいところお世話になり、感謝、感謝です。また、多くの代理店経営者の皆さんが、休日にもかかわらず集まっていただき、本当にありがたく、うれしかったです。満足していただいたかどうか少し心配ですが、非常に前向きな皆さんと、同じ時間と価値観を共有できたことが何よりも良かったです。9年前に迷惑をかけたはずなのに、皆さんから温かく迎えてもらえ、感激でした。その夜は、福岡の美味しい焼酎と新鮮な海の幸をいただきました。ホテルに着くと、ずっと緊張していたせいか、お風呂から上がるといつの間にか眠っていました。翌日は大宰府天満宮へお参りに行き、大阪へ。楽しい講演と福岡の旅を過ごすことができました。いろいろとお世話になり、ありがとうございました。
新緑の彩りのお皿
第2弾 新作のお皿に挑戦
新緑が目に鮮やかな1年で最もすがすがしい季節です。

5月31日(土)曇り。今年の入梅は平年より遅れ気味のようです。しかし、先週末も今日と同じく朝から天気が悪い。4月末日に新緑をイメージして作陶した。葉っぱのデザインと新緑の彩りのお皿大小4種類出来上がりを楽しみに信楽へ行く。

途中、新茶シーズンを迎えた宇治田原町では新茶のぼりが至る所に立ち、沿道の茶畑も軒並み新芽が伸び緑色になっている。陶房に到着すると、先生が「良い仕上がりですよ!」と言われ感激。まるでプロが作ったような作品は商品にもなりそうです。
(冗談ですが…)

今回も新緑の色合いのお皿を作ることにした。少し小ぶりで深みのある丸皿は使える用途も多い。先生の指導のもと、夫婦で2皿づつ計4皿が仕上げた。毎回、季節感を演出する食器に盛り付ける食材を考えるのも楽しみです。

作陶を終えて、いつもゲストルームで先生に入れて頂くコーヒーを飲んだ後、先生の作品(商品)と自分のと見比べると比較にならないほど綺麗に仕上がっていてさすがという感じです。次回の作陶予定は先生の作品を見ながら決めるのも楽しみのひとつです。
[ 信楽焼きの作陶体験 ]

▲PAGE TOP

カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< June 2008 >>
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

最近のエントリー
カテゴリー
スポンサー・サイト
ブログ内を検索


過去のエントリー
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS