近くで便利、あなたの街の保険代理店
お客様を笑顔でお迎えする

保険代理店を開業して30有余年が経過しました。
開業当初は自宅兼事務所から始め、安い賃貸のテナントビルに移り、そして枚方市の中心部、楠葉(くずは)に念願の事務所を建てました。 それから早 25年余りが経過しました。白を基調とした外壁、窓をできるだけ大きくし、外から内部がよく見えるオープンスタイルの2階建てです。最初は保険代理店の事務所だとは誰も思わなかったようです。立地も非常に良く、路線バスが走る国道に面し、毎日のように事務所の前を通勤・通学、ショッピングなど、多くの人たちが行き交います。

事務所の開設当初から、周辺にお住まいの皆さまに当社(保険代理店)の存在を知ってもらおうと、いろんな取り組みをはじめました。事務所の屋根には損保会社の特製大型看板、入り口には「保険なんでも相談」の看板を取り付けてPRするとともに、事務所から半径2劼魃超肇謄螢肇蝓爾箸靴董⊆勸全員で四半期ごとにチラシまき(ポスティング)を10年近く継続して行いました。店舗内も工夫して飾り付けをするなど、季節に合わせ模様替えをしています。ここ数年で、ようやく地域の皆さまに当社の存在を認知していただけるまでになったと自負しています。

また、お客さまが来店されると必ず全員が起立して笑顔を絶やさず「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」と大きな声で、元気よく挨拶するようにしています。毎日の朝礼では、挨拶の練習を約25年間欠かさずやっています。来店されるお客さまも本当にいろいろで、保険の手続きでいらっしゃる方だけでなく、保険の相談で初めていらっしゃる方「ちょっとそこまで来たので」と立ち寄ってくださる方、保険会社の担当社員、代理店仲間、道を尋ねにやって来る方など…。どんなに仕事が忙しくても、こうして来店してくださった方には、全員で挨拶をするとともに、必ずお茶を出すようにしています。

事務所入り口のカウンターには、個人病院の待合室のように、お客さまからいただいた数々の品であふれています。当社の社員と一緒に撮影した写真、旅先での写真、自宅の庭で育てた花、手作りの人形などがあります。そういったものに囲まれ、時間の許す限り、お客さまとお茶やコーヒーを飲んでゆっくり世間話をするのは、私の仕事にもなっています。当社の事務所が、お客さまにとってくつろいでお喋りのできる場所であってほしいと願っています。

こうした努力の甲斐もあって、今では当社のお客さまの約3分の1の方が更改契約の手続きなどで、わざわざ来店していただけます。このほか、店頭で毎月平均5件以上の新規契約(新規のお客さま)もあります。事務所自体が営業の後方支援の役割を果たしており、貴重な戦力とも言えます。

当社の売りはなんと言っても「近くで便利、あなたの街の保険代理店」です。地域のお客さまから親しまれ、愛され続ける保険代理店でありたいです。お客さまの日々の暮らしをより良くし、また安心と安全に役立つ、誰でも気軽に立ち寄ってもらえる地域のコミュニティーの拠点になることが当社の夢です。お客さまをはじめ、地域の多くの皆さまのご支援があったからこそ、今でも代理店を続けることができています。そうした多くの皆さまのお役に立てる代理店を目指していくつもりです。
3月より 信楽窯元散策路展
信楽町へのアクセスが便利なりました。

新名神高速道路(亀山JCT〜草津田上IC間)が 2008年2月23日に開通しました。信楽IC下車して国道 307号線から、陶芸の森や窯元など、信楽焼で有名な観光名所へのアクセスが便利になりました。信楽町には点在する登り窯や煙突、無造作に置かれた陶器の数々、町並みにも風情があり、散策路の至る所に道標があり各窯元を訪ねるのが楽しみです。

3月22日(土)快晴。久しぶりに信楽町へ作陶に出かけた。 
前回は寒い1月に来て依頼2ヶ月振り、走る車窓からのうららかな春の風が心地良い。1月に作陶した皿の出来栄え? そして、今日は何を作ろうかなと車中相談しながらのドライブ、到着してゲストハウスでおにぎりを食べながら見るベランダからの景色は、青空が広がり眼下には信楽の町並み、空気が澄んでいて遠くの山並みがくっきり見えて気持ち良い。 

早速、前回のお皿4枚をテーブルに並べて見る。大きさも丁度良いし使いやすそうで気に入った。思いのほか素晴らしい出来栄えに自画自賛。今日は盛り蕎麦に使う薬味入れを作ることにした。三種三様にデザインや大きさの違う薬味入れ(ねぎ、大根おろし、わさび)、まずまずの出来栄えです。次回来れるのは、4月末か5月の連休になりそうだ。今日は暖かな気候に恵まれて、楽しいひと時が過ごせた。
[ 信楽焼きの作陶体験 ]
年度末が終わり、新年度を迎える
一喜一憂

3月は損保会社の年度末、社員の転勤や申込書の締め切りなど何かと気忙しい。

保険会社の社員異動も2月末に内示があり、4月1日付けで新天地に向うが、業務の引継ぎや家庭事情など転居が伴う社員は何かと忙しく、一喜一憂する季節となりました。しかし転勤は大手企業(損保会社)の宿命といわざるを得ません。

代理店に於いても、2009年度適用業務ランクのポイントが3月末までの業績や数値目標の達成で手数料が決まります。毎年、厳しくなる査定ポイントに、どうも今年は下がりそうです。 
その要因に上げられるのが、火災保険の物件判定の誤り、地震保険の割引適用誤りなど、お客さまに返還するマイナス保険料が多かった。結果、損保会社や代理店の業務の怠慢さが契約者に、大変ご迷惑をお掛けした1年間でした。

4月からは、火災保険の契約内容確認シートも1年を経過して、やっと落ち着きをみせましたが、自動車保険は5月末までです。(新規契約はその後も契約内容確認シートが必要です。)
2008年度のマイナス分を新年度で積極的な取組をしなければ、増収することができません。 
4月1日から事務職再雇用制度でベテラン社員が、1名増員になり心機一転、増員分お客さまに満足度の行き届くサービスを行い信頼回復で業績アップのできる、新年度でありたい!

▲PAGE TOP

カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< March 2008 >>
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

最近のエントリー
カテゴリー
スポンサー・サイト
ブログ内を検索


過去のエントリー
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS