はじめての作品が焼き上がりました。
作り手と使い手が一緒

25日(土)晴れ。
今日も35℃を越える猛暑日にないそうです。

先月、信楽に行ってから1ヶ月が経過した。はじめて作ったお茶碗の出来上がりが楽しみです。今回は手作り弁当とお茶を持参して、陶房にあるゲストルームのガラス越しに見える信楽の山々と広がる町並みの景色が美しい。

昼食後、作陶づくりに来られている皆様と食後の談笑…
先生が、前回の作品を持って来られました。丁寧に新聞紙に包まれたお茶碗と小鉢を開けてみると“びっくり“用途に応じて先生が釉薬塗りをして頂いたので、仕上も見違えるほど良くなっているのに驚きました。記念すべき一作目のお茶碗を手に取って、その出来栄えに自画自賛。「良いできだなぁ〜」デコボコ感やざらざらした手触り感、何となく手に馴染む触感に感動しました。

今日の作陶は、湯呑み茶碗・そばちょこ・小鉢の三種類に挑戦することにした。前回と同じように手回しろくろで、前回と作業工程が異なり早く仕上がり、先生とコーヒーを飲みながら談笑した後、他の人達にも 「お先に失礼致します。」 と声をかけて帰路に着く。

出会いと感動

今夜の夕食時には早速、出来立てのお茶碗を使って見ることにした。「何かが違う? 」今まで使っていた、ご飯のお茶碗は大量生産で無駄なく軽いの特徴でした。( 市販のお茶碗 )しかし作ったお茶碗に、ご飯を入れると一段と見栄えも良くなり美味しく頂けますが、お茶碗がとても重たく感じました。( お茶碗の重さは、2倍ありました。)これからは、少しご飯の量を減らして減量でもしようかな?

今日一日も、新しい人との出会いがあり、はじめて出来たお茶碗にも感動した。作陶中は無我夢中、あっと言う間の楽しいひと時を過ごすことができました。[ 信楽焼きの作陶体験 ]
そば畑のオーナーに…
地元の農業ボランティアで、そばの種まきから収穫の後に、そば打ちまでが体験できる「そばオーナー制」の参加者を募っている新聞記事を読み、早速電話で応募することにした。
参加者多数により抽選後、結果は郵送で… 
数日後「そば畑オーナー当選」参加通知が郵送されてきました。

都会育ちの私には、猫の額ほどの自宅の庭で、あまり土に触れる機会もなく、信州へ遊びに行った時(7月下旬)一面の白い可憐な花に魅せられて、一度は自分で蕎麦を収穫したいと思っていました。 
 そば畑のオーナーになると、9月初旬に種まき、その後は除草・土寄せ、10月10日頃(種まきから35日前後)白い花が開花し、10月20日頃(種まきから45日前後)実がなり、11月中旬頃に収穫でき、12月中旬に、そば打ち体験ができます。

そば粉500gのお土産もついており、一年の締めとして、大晦日の年越しそばで頂く予定です。夫婦が一組になって1区画を作業します。1区画は約50屬如体験料5千円。(品種は信濃1号) [そば栽培体験記2007]
季節限定の水羊羹
京都「駿河屋」竹清水(たけしみず)
京都高島屋で販売の、青竹に水羊羹を流し込んだ清涼感あふれる夏の風物詩です。 

召し上がるには、竹の底にキリで穴を開けてうつむけにして、たたくと水羊羹が出てきます。甘さも控えめで、後口もさっぱりしています。竹のまま冷やして食べると、美味しさも一段と増します。
価格:315円 (本体価格:300円)
信州 こだわりの名湯
戸倉上山田温泉

2003年9月1日。戸倉町と上山田町が合併し、千曲川沿いにまたがり「戸倉上山田温泉」となりました。かすかに硫黄の臭いがする無色透明のお湯で、肌の角質を軟らかくさせる成分が含まれているので皮膚病に効き、美肌の湯としても有名です。100年の歴史を持つ温泉は、もともと善光寺参りの精進落としの湯として賑わった温泉です。
泊まったホテルには旅の案内役コンシェルジュがおり、相談にのってくれて楽しい旅行が楽しめました。戸倉上山田温泉は、旅館、ホテル約65軒、外湯は6ケ所。
泉質:単純硫黄泉など、天然温泉源泉掛流し。泉温:49.7℃
効能:神経痛、リウマチ、胃腸病、皮膚病、腰痛、高血圧など

[ 旅と散策2007年8月12 戸倉上山田温泉 ]

NHK大河ドラマ「風林火山」のロケ地
長野県千曲市の城山史跡公園(荒砥城)で、晴信の初陣となった海ノ口城の攻防戦ロケが行われました。城山史跡公園は、戦国時代初期の山城・荒砥城を復元したもので、山頂に向かって曲輪(くるわ)が連なるように続き、館や見張り台、櫓(やぐら)なども立ち並んでいます。眼下には千曲川が流れ、川中島決戦の地も間近と、まさに「風林火山」のロケには絶好の場所です。

松本の奥座敷「浅間温泉」
四季折々の素晴らしい大自然に囲まれ、育まれてきた浅間温泉は、日本書紀に開湯天武年間とある1300年の歴史を誇る名湯です。松本藩の庇護のもと「松本の奥座敷」として永く親しまれ、日本の屋根と名高い“北アルプス”の峰々や、国宝“松本城”にも好アクセス。信州のほぼ中央に位置する浅間温泉は、まさに信州の観光拠点です。 
泉質:アルカリ性単純泉(アルカリ性低張性高温泉)。 
泉温:49.7℃。効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・痔疾・慢性消化器病・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進。 
信州名物「おやき」と「蕎麦」
縄文おやき「小川の庄おやき村」

8月12(日)。今回の旅の目的ひとつ、おやきと蕎麦を食べることです。
長野市と大町市の間に位置する集落、久木本郷の峰という峠にあります。車がやっと1台が通れる細い山道を登ると「小川の庄おやき村」があります。米作りに向かない気候のため、昔からおやきや蕎麦等の粉食文化が発達したそうです。 

「小川の庄おやき村」は、村おこし事業として脚光を浴び、ここで作られる「縄文おやき」は竪穴式住居の中の囲炉裏端の鉄板で軽く焼き上げます。野沢菜と茄子のおやきを注文、小麦粉でたっぷりと具を包んだ皮の表面に焦げ目が付いて香ばしい匂いがします。中身のホクホク感と皮のカリッとした食感が楽しめます。サービスに出された冷やし汁と蕎麦茶が、縄文おやきに合って美味しかったです。 


お店では、打ち立ての蕎麦も食べられ、おやき作りの体験もできます。縄文は「焼きおやき」とお土産には冷凍に「蒸しおやき」がありますが、やっぱり焼きおやきが絶品です。

信州そば
信州では、おやき以上にそば屋さんのお店の多さには驚きます。ガイドブックを見て、途中、新行高原「そばの里」の有名な、そば屋さんに行くのですが食べるのに1時間待ち。地元の蕎麦粉を使って石臼挽き、1日何百食も打つのでしょうか? 手打ちのお蕎麦屋さんは少なく、もり蕎麦一人前 700円前後の蕎麦粉は何割蕎麦かなあ? 十割蕎麦ではない。 
やはり蕎麦の美味しさは、何といっても挽き立て、打ち立て、茹で立てです。蕎麦の風味とのど越しは?自分で打った方が美味しく感じた。
蕎麦は香りとのど越しの「もり」
自分で打った蕎麦が一番美味しい! 風味と喉越しを堪能することができる。蕎麦の美味しさは、何といっても「三立て」挽き立て、打ちたて、茹でたてが、そばの極みの逸品です。

茹で方

大きめの鍋にたっぷりのお湯を沸騰させ、打ちたての蕎麦をバラバラにして泳がすように入れます。蕎麦の太さで茹で加減(時間)は異なりますが、細めで1分、太めでも2分少しでいいと思います。茹具合は、途中でそばを1本取り出し 口に入れて硬さ(コシ)を見極めます。そして笊(ざる)でそばをすくい上げてから湯を良く切ります。茹で過ぎると台無しですから注意。 


隣には、水を張っておいたボウルと笊に、茹で上がった蕎麦をすばやく入れて流水をかけて洗います。そば表面のぬめりが取れるまで2.3回良く洗います。水温の高い夏場は、ボウルに氷を張っておき、最後に笊ごとボウルで麺を冷やして締めます。(コシがでる)
水をよく切ってから「せいろ」や「ざる」に盛り付けて、市販の蕎麦つゆと蕎麦の味を引き出すのが薬味(わさび、ねぎ、大根おろしなど)をつけて頂きます。(冷えた蕎麦が頂ける様に、薬味は新鮮な素材を選び直前に準備します)何はともあれ、自分で打った蕎麦を食べるのが一番美味しいです。

▲PAGE TOP

カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2007 >>
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

最近のエントリー
カテゴリー
スポンサー・サイト
ブログ内を検索


過去のエントリー
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS