城崎温泉の外湯めぐり
秋分の日の23日は、さわやかな青空が広がり、気温は27℃で湿度が低いので過ごしやすい祭日でした。今日は京都府京丹後市に住む叔母さんが入院したのでお見舞いに…

夫婦仲良く混浴足湯

京都府京丹後市のすぐ隣が、兵庫県豊岡市の「城崎温泉」温泉好きの私には堪らない。久美浜から円山川を越えてすぐ、JR城崎温泉駅の駐車場に車を止めて(1時間まで無料)駅舎温泉「さと湯」は、エキゾティックな雰囲気が漂いハーブの香りや滝の音に満ちた不思議な空間と悠々と流れる円山川の自然を眺めながら、ゆっくり温泉気分を満喫! 駅舎横の足湯で仲良く混浴。ここ城崎温泉は、小さな古い旅館が建ち並ぶ温泉街で、温泉客も若いカップルや女性連れが目立ちました。
「大人:800円、足湯:無料」 

城崎温泉は、2年振り? 

駅前通りには、リヤカーに海産物をいっぱい積んだ行商のおばさんの姿… 土産店や海産物店を覗きながら、街の中央を流れる大谿川沿いをぶらりと散策。川には石造りの太鼓橋がかかり、柳並木が続く風情あるたたずまいは歴史を感じる温泉です。また外湯には「鴻の湯・まんだら湯・御所の湯・一の湯・地蔵湯・柳湯・さとの湯」7つあり、外湯めぐりは宿泊客は無料となっています。

また「鴻の湯」前の薬師公園ポケットパークには、煙を吹き上げる源泉と足湯があり、ここでも足湯に浸かりながらソフトクリームを食べると美味しかった。城崎ロープウェイへ… 山頂からは城崎温泉の街並みや円山川の緩やかな流れと日本海が望め、大パノラマが目の前に広がっています。「ロープウェイ往復料金大人:880円」

城崎温泉と文学碑めぐり

城崎温泉は、山と海に囲まれ歴史を持つ兵庫県随一の名湯地。1.400年前より温泉が湧き続ける城崎では古くから心身を癒す風土が育まれ受け継がれています。また一年を通じて但馬の旬の食材を味わうことが出来るのも魅力で、特に11月上旬〜3月末には日本海のカニが楽しめます。
 
「城の崎にて」の作者である志賀直哉は城崎温泉の風情を愛し、訪れているほか、与謝野寛、与謝野晶子、吉井勇らの城崎で詠んだ歌も数多い。それら文人歌人の足跡は町内23ヶ所の文学碑となって点在している。駅前の島崎藤村の文学碑からスタートし、彼らに想いを馳せながらゆっくりと文学碑めぐりをするのも城崎ならではの観光の一つです。

泉質:塩化物泉。効能:打ち身、外傷、神経痛、婦人病、リウマチ、運動器障害、湿疹、
疲労回復、消化器系疾患など
[ 旅と散策 2006年9月23日 城崎温泉 ]
北陸路「山中温泉」
加賀温泉郷「山中温泉」

温泉好きの中年夫婦は前日にネット予約して、
北陸路の加賀温泉郷「山中温泉」へ… 
10年振りに来た温泉街は、情緒あふれる湯の町に変わっていた。町並みは古美術から九谷焼、山中漆器、工芸ギャラリーの店が立ち並び、また天平風の優雅な造りの総湯の「菊の湯」、西側には山中節の劇場「山中座」ができ、女湯の菊の湯と足湯が新しく出来ていました。

山中温泉に来ていつも立ち寄るのが「こうろぎ橋」です。鶴仙渓に架かる総ひのき造りの橋で、四季を彩るその風情に日本の情緒が伝わって来る山中温泉を代表する名勝地です。また、奥山中の菅原神社の参道沿いにそびえる樹齢2300年の「栢野の大杉」は、幹回り11mm、高さ52mにも及び、国の天然記念物である。

宿泊先は「花つばき」、自家源泉の野天風呂は源泉かけの流しの「湯畑」が魅力的。川のせせらぎと大きな杉の間には、湯温の異なる15の浴槽が点在し、長時間自然の中で野天風呂と森林浴を満喫!疲れた心身を癒してくれました。(^-^v「あ〜" 極楽極楽 ”」
( 写真は、花つばき「湯畑」パンフレットより )

山中温泉は、開湯1.300年の歴史を誇る加賀4温泉( 山中・山代・片山津・粟津 )のひとつ。僧行基が薬師如来のお告げにより発見したのが始まりと言われ、湯量は豊富で、さらりとした肌ざわりが特徴。 

泉質:カルシウム・ナトリウム硫酸塩泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、皮膚病、動脈硬化など回復など
[ 旅と散策 2006年9月9日 山中温泉 ]

▲PAGE TOP

カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2006 >>
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

最近のエントリー
カテゴリー
スポンサー・サイト
ブログ内を検索


過去のエントリー
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS