夏越の大祓、水無月食べる。
関西地方では、夏越の大祓の日(6月30日)和菓子の「水無月」を食べる習慣があります。

夏越の大祓、水無月食べる。

創業文化元年(1804)京都・三条高瀬川沿いにある老舗「本家月餅家直正」の抹茶水無月を2本買って帰った。大きく四角いかたまりで売っていますが、四分の一に切って頂きます。上には小豆、栗がのっていて抹茶特有濃厚な色味、とても美味しいです。年中販売されていますが、人気商品のためにすぐに売り切れます。このお菓子は、三角形に切られた白いういろうにのせる小豆は悪魔払いの意味があって、三角形のういろうは暑気を払う氷を表しているみたいです。

※6月30日は、夏越祓(なごしのはらえ)をするみそぎの日。半年間の身の汚れを祓い、来たる半年の清浄を祈念し、京都ではこの日「水無月」を食べるのです。
その昔、宮中の人々は氷室(京都衣笠山西麓)から氷を取り寄せ、氷を口にして暑気払いをしました。貴重な氷は一般大衆の手には入りにくかったため、麦粉を練って氷片になぞらえて食べたのが水無月です。水無月の三角形は氷室の氷片を表したもので、上の小豆は悪魔払いの意味を表していると言われています。夏の酷暑を乗り切り、無病息災を祈願するお菓子です。

▲PAGE TOP

カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

最近のエントリー
カテゴリー
スポンサー・サイト
ブログ内を検索


過去のエントリー
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS