メダカの出産シーズン到来!
メダカに癒されて
5月7日(日曜日)毎朝、植木の水遣りを終えると、メダカに餌やりの毎日です。メダカを飼いはじめ10年以上になりますが、メダカを見ていると何もかも忘れ、時の経つのも忘れてしまいます。きっとメダカで心が癒されているのでしょう。

5月に入り、庭の軒下に置いてある水槽の水温が暖かくなり、メダカの食欲が旺盛になり活発に泳ぎ回っています。なんだかメダカのお腹が大きくなってきたようです。(産卵の時期を迎えている)4月下旬ごろから、ホテイアオイ草の根を見ると、1舒未里燭さんの卵を産みつけているので、発泡スチロールのケースにホテイアオイ草ごと移しています。(親メダカに食べられるのを防ぐためです。)

5月初旬ごろから、たくさんのメダカの卵が孵化し、稚魚(3〜5mm)が元気に泳ぎはじめました。しかし、大人のメダカは赤ちゃんメダカを共食いしますので、食べられない大きさまで成長(2cm)してから、一緒の水槽に移して下さい。(2ヶ月位で成魚になります。)

詳しくは、当ブログ「メダカの産卵と飼育」をご覧下さい。

▲PAGE TOP

カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

最近のエントリー
カテゴリー
スポンサー・サイト
ブログ内を検索


過去のエントリー
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS