箱根「大涌谷」
去年の秋にバスツアーで訪れた大涌谷。今回は自動車で箱根湯本から芦ノ湖へ向かうルートを通り、大涌谷駐車場(標高1,044m)へ、大涌谷山頂の路肩や歩道にはまだたくさんの雪が残り、大涌谷からは雪を被った富士山がくっきり見えました。
※大涌谷の駐車場は土休日ともなると 朝から周辺道路も含めて大変混雑し、駐車場に停めるだけで、1時間待ちとかザラです。大涌谷観光は、箱根ロープウェイを上手に使うと便利です。(当日は平日にも関わらず駐車場は満車。)

大涌谷

約3000年前に起きた箱根火山によって山崩れが発生し、その後2900年前にも小規模な火砕流が度々発生し火山砕屑物が積もったことによりできた場所が「大涌谷」です。江戸時代には、「地獄谷」と呼ばれていた場所でしたが、明治天皇・皇后のご訪問を機に観光用の施設や遊歩道などが整備され、現在では箱根の代表的な人気観光スポットとなっています。

また、荒れている土地に白煙が立ち込める大涌谷は独特の景観があり、その間からは四季折々の富士山が見えたりと、絶景を眺めることができます。

黒たまごと延命伝説の由来

地熱と火山ガスの化学反応を利用した「黒たまご」は、生卵を温泉池でゆでると、気孔の多い殻に鉄分(温泉池の成分)が付着します。これに硫化水素が反応して硫化鉄(黒色)となり、黒い殻のゆで玉子ができあがります。
大涌谷には平安時代弘法大師によって作られたといわれている延命・子育ての「延命地蔵尊」というお地蔵様があります。

このお地蔵様にあやかり「黒たまご」を食べると寿命が延びると言われるようになりました。(かつてはこのお地蔵様の近くに黒たまごの温泉池がありました。)「7年寿命が延びる」は7という数字が七福神など縁起の良い数字として使われるため、いつの間にか言われ始めたものです。

[ 旅と散策2017年4月4日 箱根大涌谷 ]

▲PAGE TOP

カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

最近のエントリー
カテゴリー
スポンサー・サイト
ブログ内を検索


過去のエントリー
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS