鮫皮のわさびおろし
やっぱり、お蕎麦は鮫皮の本わさびおろし

大好きな蕎麦を食べる時に“チョット”刺激が欲しい時、わさびをすりおろすのに最適と昔から言われているのが、旨さへのこだわりの鮫の皮を利用したおろし器です。突起が小さくて突起の密集度が高いのが特徴で、わさびをきめ細かく滑らかにすりおろすことができ辛味が一層引き立ちます。生わさびは茎を取った所から円を描くようにすりおろすと、わさび独特の「ツーン」と鼻に抜ける辛さがたまりません。 

金属おろしは、鋼の爪の方向が一定に向いているのどうしてもきめが粗い。しかし鮫皮おろしは、四方八方に突起があるのでわさびの独特な香りを最大限に引き出してくれます。

本わさび
本わさびは栽培方法によって、沢わさびと畑わさびに分けられます。 沢わさびは渓流・涌き水を利用して栽培され、畑わさびは冷涼で湿気の多い畑地で栽培されます。日本国内主要産地は、長野県、静岡県、島根県等です。わさびの辛味成分には、優れた抗菌・殺菌作用がありますが、食材自体が新鮮なものを食べることが重要で、あくまでも味を引き立てる薬味として使用しています。

▲PAGE TOP

カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

最近のエントリー
カテゴリー
スポンサー・サイト
ブログ内を検索


過去のエントリー
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS