自分だけのオリジナル器
6日(土)晴れ。週末の天気予報は曇り、しかし天気予報は外れ2日とも好天気に恵まれた。

作陶に来て初心者が土に触れてエプロンをしているにもかかわらず服を汚しながら無我夢中でやっています。上手な方は汚れない”きっと”集中力が違うんですね。腰を据えて一日中真剣に取組まれています。気が短い私には到底真似することは出来ません。 
人それぞれ作陶の楽しみ方が違うことに最近やっと気づき始めました。私達には美しい形の良い器は出来ませんが、世界に二つとない器が出来ます。結局は同じものが二度と作れないと言うことです。

覚えの悪い中年夫婦が何度も失敗を繰り返しながら粘土遊びを楽しんでいます。今日一日が楽しければ良いとの思いでやってきます。出来上がった器や皿を眺めては「良い出来だ!」と自画自賛しています。素人の作品も色付けされ焼き上がると、とても素敵な作品に変貌します。それは先生のおかげです。覚えの悪い生徒で、いつもご迷惑をおかけしております。

前回作った器を持ち帰った後、早速丼鉢に映える三色丼 (イクラ、ホタテ、マグロ) と、インゲンの炒めと湯葉のおすましなど、食器の色合いと良く合っています。作った器で食するのもひとつの楽しみ方です。[ 信楽焼きの作陶体験 ]

▲PAGE TOP

カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

最近のエントリー
カテゴリー
スポンサー・サイト
ブログ内を検索


過去のエントリー
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS