電動ろくろは難しい、体で覚えるしかない
25日(土)晴れ。 国道 307号線の宇治田原町を走行中、道路上に猿が現れた。そして民家の屋根に駆け上がり座ってこちらを向いている。近所のおばさんに聞くと、食べ物を探しに 4.50匹が集団で山から下りてきて農作物に被害を及ぼすそうです。

童心に返って粘土遊びを楽しむ

前回の電動ろくろの作業で、慣れない前かがみの姿勢に腰を痛めてしまった。”やっと”腰痛も完治したので2ヶ月振りの作陶です。間が開き過ぎたのか、電動ろくろが思うように扱えない。あぐら座りで膝の上にひじを固定し肩の力を抜く、頭では分かるのですがどうしても両手に力が入る。(ろくろの中心に粘土を置いてゆっくり回転させ、粘土を同じ厚みで引き上げる作業が上手くいかない。) 
 

ろくろに向き合って没頭していると何もかも忘れ、頭の中が空っぽになり、ストレス解消にもってこいです。童心に返っての粘土遊びを楽しむが、下手な人ほどズボンを汚します。

何度も失敗を繰り返しながら体で覚えるしかない、徐々に感じがつかめてきた。先生の最終チェックで一品目ができ、今回は三品を作ることが出来た。

陶房庭園の紅葉も色づきはじめた。次回来る時には庭の木々が真っ赤に色づく頃でしょう。
[ 信楽焼きの作陶体験 ]

▲PAGE TOP

カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

最近のエントリー
カテゴリー
スポンサー・サイト
ブログ内を検索


過去のエントリー
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS