還暦記念の大皿に挑戦
2007年最後の三連休、22日(土)雨。
冬至(一年の間で昼が最も短く、夜が最も長くなる日)

朝から冷たい雨が降りしきる寒い一日。信楽の陶房の庭園には、一面に敷き詰められた「散り紅葉」が美しい…
 年末と寒い雨降りとが重なり、陶房は私達二人だけです。11月に作陶したマグカップと皿の仕上がりを眺めながら、良い出来栄えに大満足。お皿の紅葉は「秋」を印象付ける絵柄となっており、秋の食材を盛り付けると合いそうです。

マグカップの出来栄えは、私の太い指が3本も入るように取っての輪の部分が大きかったかなあ〜、妻のマグカップは小振りで上手に出来上がっていた。でも世界に一つしかないオリジナルの「マイ・マグカップ」明日からのコーヒーブレイクが楽しみです。

来年、還暦を迎えるに当たり、夫婦共同での作陶は「還暦記念の大皿」を作ることにした。「和」を感じさせる大皿は用途も幅広く、お刺身やお寿司などの盛り合わせに使えそうです。4・5人前は盛れそうです。 

大皿の裏に「還暦記念・作陶日 2007.12.22・名前」を掘り込んでいます。焼き上がりは来年1月末、2月の還暦祝いに何とか間に合いそうです。

くれどき市
作陶(信楽町)からの帰りに、宇治田原町(JAやましろ広場)では、土曜日午後1時オープンの「くれどき市」に立ち寄った。地元の農家が持ち寄った農産物の即売会が開かれます。会場には冬の野菜が並べられ、市価よりも 2・3割安い新鮮な野菜(大根と生椎茸)と、お正月用生花に縁起物の大王松と南天を買い求めた。[ 信楽焼きの作陶体験 ]

▲PAGE TOP

カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

最近のエントリー
カテゴリー
スポンサー・サイト
ブログ内を検索


過去のエントリー
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS