はじめての作品が焼き上がりました。
作り手と使い手が一緒

25日(土)晴れ。
今日も35℃を越える猛暑日にないそうです。

先月、信楽に行ってから1ヶ月が経過した。はじめて作ったお茶碗の出来上がりが楽しみです。今回は手作り弁当とお茶を持参して、陶房にあるゲストルームのガラス越しに見える信楽の山々と広がる町並みの景色が美しい。

昼食後、作陶づくりに来られている皆様と食後の談笑…
先生が、前回の作品を持って来られました。丁寧に新聞紙に包まれたお茶碗と小鉢を開けてみると“びっくり“用途に応じて先生が釉薬塗りをして頂いたので、仕上も見違えるほど良くなっているのに驚きました。記念すべき一作目のお茶碗を手に取って、その出来栄えに自画自賛。「良いできだなぁ〜」デコボコ感やざらざらした手触り感、何となく手に馴染む触感に感動しました。

今日の作陶は、湯呑み茶碗・そばちょこ・小鉢の三種類に挑戦することにした。前回と同じように手回しろくろで、前回と作業工程が異なり早く仕上がり、先生とコーヒーを飲みながら談笑した後、他の人達にも 「お先に失礼致します。」 と声をかけて帰路に着く。

出会いと感動

今夜の夕食時には早速、出来立てのお茶碗を使って見ることにした。「何かが違う? 」今まで使っていた、ご飯のお茶碗は大量生産で無駄なく軽いの特徴でした。( 市販のお茶碗 )しかし作ったお茶碗に、ご飯を入れると一段と見栄えも良くなり美味しく頂けますが、お茶碗がとても重たく感じました。( お茶碗の重さは、2倍ありました。)これからは、少しご飯の量を減らして減量でもしようかな?

今日一日も、新しい人との出会いがあり、はじめて出来たお茶碗にも感動した。作陶中は無我夢中、あっと言う間の楽しいひと時を過ごすことができました。[ 信楽焼きの作陶体験 ]

▲PAGE TOP

カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

最近のエントリー
カテゴリー
スポンサー・サイト
ブログ内を検索


過去のエントリー
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS