蝉しぐれ
梅雨はいつあけるのか?
近畿地方では6月7日、平年通りに梅雨入りし、九州各地での大雨被害や35℃を越える猛暑日が続いています。いつになったら近畿地方の梅雨は明けるのでしょう。

朝から蝉の大合唱

日の出が早くなり、5時頃には東の空が明るくなりはじめます。ベットに寝転んで、一日のはじまりは身体もゆっくり目覚めるように、15分間のストレッチが習慣になっています。(腰と膝関節の痛み予防。)
今朝も蝉の大合唱で1日がはじまります。街路樹、庭の木、裏の公園から三重奏で蝉の声が鳴り響き、奏でると言うよりも騒音に近い。蝉の鳴き声が聞こえてくると、一層暑さを感じます。

蝉は地中で長い年月生活をして、地上で蝉として生きるのは1週間といわれています。オスが鳴きメスを呼び寄せ子孫を残します。庭で鳴く蝉を観察するとクマゼミばかり、集中的にクマゼミが繁殖しているようです。子供の頃はアブラゼミだけだったのが、地球温暖化の影響でクマゼミが北上し生息地を拡大しているそうです。

▲PAGE TOP

カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

最近のエントリー
カテゴリー
スポンサー・サイト
ブログ内を検索


過去のエントリー
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS