福井県小浜市「雲城水」
環境省が選定する「平成の名水百選」
小浜漁港の船溜まりすぐ横にある雲城公園内に、地下30mの砂礫層から淡水が自噴している平成の名水百選「雲城水 (うんじょうすい)」があります。(1日の湧水量:約 4.3トン)。お水をひしゃくで汲んで飲むと海水の混じりけは全くない、口当たりはなめらかで冬なのに温かく感じ、一年中変化のない水温が保たれています。 

一番町は昔より各戸に掘り抜き井戸があり冷水が湧き出ている反面、水害によく遭ったそうです。そのため水天宮を祀り、水に対する報恩感謝と水難除けを祈っています。そして地域住民の地下水保全への意識が非常に高く、水場周辺の清掃管理のほか、近年では地域の産業と連携して、豆腐、そば、酒などの新たな特産品作りへと水の活用を広げているそうです。若狭地方特産の葛まんじゅうは、この水で冷やされ夏の風物詩として有名です。地元の人はもちろん、遠方から水をくみに来る人もいるそうです。

[ 旅と散策2008年3月 若狭小浜市観光 ]

▲PAGE TOP

カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      
<< February 2010 >>
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

最近のエントリー
カテゴリー
スポンサー・サイト
ブログ内を検索


過去のエントリー
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS