三嶋大社
三嶋大社

静岡県三島市の東海道と甲州街道・下田街道が交わる要所に建つ伊豆国一宮で、総門から神門・舞殿・拝殿・弊殿・本殿と続く社殿の造りが素晴らしい神社。源頼朝が挙兵に際し戦勝祈願をしたとされ、御祭神として大山祇命と積羽八重事代主神を祀る。境内には「源頼朝腰掛石」「北条政子腰掛石」や「牛石」「たたり石」「神馬舎」「神鹿園」「宝物館」などがあります。

春には約15種200本の桜が咲く花見の名所としても知られ、秋には国の天然記念物である樹齢約1200年のキンモクセイが2度咲きます。

[ 旅と散策2017年4月4日 三嶋大社 ]
三島スカイウォーク
日本最長の吊り橋

2015年12月14日、静岡県三島市に箱根西麓・三島大吊橋、通称「三島スカイウォーク」が誕生しました。吊り橋の全長400m、高さ70.6m、歩道幅1.6m。歩行者専用吊橋として日本最長の吊り橋です。車で箱根峠から約10分、東名沼津IC・新東名長泉沼津ICからも約15分とアクセス至便。日本一の大吊橋からは、日本一の高さを誇る富士山と日本一の深さを誇る駿河湾の大パノラマを一望でき、トリプルの日本一を一度に堪能できる絶景スポットです。
※入場料金(往復渡橋/税込)大人:1.000円、中高生:500円、小学生:200円。

[ 旅と散策2017年4月4日 三島スカイウォーク ]
箱根関所
箱根関所

江戸時代交通史の重要な史跡、箱根関所。当時の匠の技や道具を使い、およそ140年の時を経て、再び芦ノ湖畔にその姿をあらわしました。渋墨塗りで黒く塗られた威厳溢れる佇まいは、江戸時代さながらに通る者を緊張させます。前面に芦ノ湖を望み、背後に屏風山が控える眺望豊かな立地は、まさに箱根・芦ノ湖の旅の玄関口。今も昔も箱根の旅はここ箱根関所から始まります。

平成19年(2007年)、徳川幕府が東海道に設けた箱根関所の江戸後期の姿を完全復元。関所を通る旅人たちに厳しい改めを行った大番所。関所役人たちが日常生活を送り、江戸時代の生活の様相がうかがえる上番休息所や足軽番所。関所破りの極悪人を拘留した獄屋。芦ノ湖を高台から見張る遠見番所。箱根関所では、江戸時代をさまざまな視点から学び、楽しむことができます。

[ 旅と散策2017年4月4日 箱根関所 ]
箱根神社
箱根神社のパワースポット

天平宝字元年(757)、万巻上人によって創建され、古くは箱根三所権現といい、山岳信仰の霊場として多くの信仰を集めていました。鎌倉時代に入ると、源頼朝をはじめ鎌倉幕府要人から敬われ、その名を高めていきました。現在も木造万巻上人坐像(国重文)をはじめ秀れた社宝が数多く残されています。交通安全・心願成就・開運厄除など、運開きの神様として信仰されています。

800年を越す杉並木が続く参道は、とても神聖な雰囲気で、眼下に広がる芦ノ湖には、朱の鳥居と霊峰富士を映し出す素晴らしい自然に抱かれています。

[ 旅と散策2017年4月4日 箱根神社 ]
寝姿山展望台
寝姿山展望台

下田ロープウェイで約3分。下田港や伊豆七島の眺望360度の丘寝姿山自然公園は、下田市街から見ると女性の寝姿に似ていることから「寝姿山」と呼ばれています。大島をはじめとする伊豆七島や御用邸のある爪木崎ペリー提督率いる黒船が投錨した下田港そして美しい山並みを見せる天城連山など雄大な景観を楽しむことができます。また、自然公園には展望台をはじめ、山頂には「縁結び」の 愛染堂があります。

※下田ロープウェイ料金、大人往復:1030円。

[ 旅と散策2017年4月3日 寝姿山展望台 ]
伊豆下田観光
日本開国の舞台を散策

旅行二日目、4月3日(月曜日)晴れ。
下田の風情を残す、石倉、なまこ壁の町並みが残るスポットを散策。実際に幕末にペリーが300人の部下を引き連れ行進したペリー上陸記念公園から了仙寺まで全長約700mのペリーロードを散策。また、日本開国の舞台下田港を遊覧船でひとめぐり、幕末開港歴史の港・下田港を「黒船・サスケハナ」に乗って一周。

了仙寺

3代将軍家光の命を受けた、下田奉行代行の今村正長により建てられた日蓮宗寺院。ジャスミン寺として知られています。1854年、日米和親条約が締結されペリー艦隊が開港された下田に入港すると、了仙寺はペリー一行の応接所兼幕府との交渉場所となり、和親条約の細かい取り決めである下田条約がここで結ばれました。また、境内には3,000点以上の開国に関する映像資料の原本を所蔵するMoBS黒船ミュージアムが併設されています。

[ 旅と散策2017年4月3日 伊豆・下田観光 ]
雪の若狭路
1月28日(土曜日)晴れ。
コーヒーやお茶の飲料水として「瓜割の滝」の湧き水を使っています。水の残量も少なくなり、天気がいいので、福井県若狭町「瓜割の滝」日本名水百選の湧き水を汲みに行ってきました。

若狭地方は豪雪地帯、道路の積雪や凍結でスリップ事故を心配していましたが、晴れの天気予報に思い切って、ノーマルタイヤで昼間に走ってきました。
今回は周山街道や鯖街道の峠越えを避け、名神高速道路・大山崎JCT⇒京都東IC⇒湖西道路(安曇川道の駅)トイレ休憩⇒今津町⇒熊川宿⇒若狭街道(国道27号線)⇒「瓜割の滝」へ。

強い日差しに照らされた路面は、車が通るたびに融けた雪をはね、車道両脇には雪の壁ができ、雪道を走行した車の汚れにビックリ「ドロドロ」。
北野天満宮 初詣
学問の神様、菅原道真公を祀る全国天満宮の総本社
1月2日(月曜日)晴れ。北野天満宮は梅と紅葉で有名な京都の神社です。お正月、境内にはたくさんの屋台(露天)が建ち並び、早咲きの梅も咲き始め一足早い春を告げていました。

孫と一緒に初詣

京都の初詣スポットの中で、受験生に絶大な人気を誇る「北野天満宮」その理由は、祀られている祭神、菅原道真公は、学業に励み、優れた才能の持ち主でした。初詣は、受験シーズン直前という事もあり、多く受験生が合格祈願をするために訪れます。また、神前では書き初めをする「天満書」が始まり、絵馬所に集まった晴れ着姿の子供たちや書道愛好家らが参加して書道の上達を祈願します。

※ご利益は、学業成就・試験合格・芸能上達・厄除け。元旦は受験祈願や家内安全、厄除けに訪れる参拝者が50万人にも及ぶ。約2万坪の境内には、50種約1500本の梅があり、2月中旬から見頃を迎えます。

▲PAGE TOP

カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

最近のエントリー
カテゴリー
スポンサー・サイト
ブログ内を検索


過去のエントリー
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS