伊豆市土肥「恋人岬」
恋人達の聖地

土肥温泉街より南に8kmほど行った国道136号沿いに恋人岬のバス停があります。駐車場(無料)からは富士見遊歩道(ボードウォーク)を約700m進んだところに、180度以上のパノラマが広がる展望デッキがあり、富士山や駿河湾を一望にする景観のよい岬に愛の鐘「ラブコールベル」があります。この鐘を3回鳴らし愛しい人の名を呼ぶと愛が叶うと言われています。

恋人岬の名前の由来は、この地に伝わる「福太郎」と「およね」の恋愛伝説にあります。土肥の朝市で出会った福太郎とおよねですが、事情で遠く離れてしまいました。或る日、愛しい福太郎を想うおよねの元に神様があらわれ、2つの鐘を渡しました。2人が1つずつ鐘を持ちあい、福太郎が漁船で恋人岬の沖を通る際に、およねが岬に立ち、3回ずつ鐘を鳴らして愛を確かめ合ったのだそうです。

[ 旅と散策2017年4月3日 恋人岬 ]
2017年、あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。

今年の年末年始は比較的穏やかな天気に恵まれました。27日(火曜日)から孫が帰省、いつもは夫婦二人だけの静かな我が家も一気に賑やかになりました。31日の奈良公園、元旦は氏神さんへ初詣、2日は北野天満宮へ、4日は姫路セントラルパークと塩田温泉「夢乃井」へ、6日朝、新幹線京都駅ホームで見送り、やっといつも通りの生活に戻れそうです。孫の遊び相手にチョット疲れ気味、風邪をひいたみたいです。

※12月29日は5歳の誕生日。身長110cm、体重20.5圈

[ 旅と散策2016年12月31日 奈良公園 ]
夏の思い出 2016
孫の成長ぶりに驚く

8月21日(日曜日)、孫が千葉に帰って行った。昨日までは部屋中を駆け回り、笑い声や泣き声が絶えず、毎日が大賑わいでした。帰省中は温泉旅行、プール、BBQ、スイカ割り、花火など、たくさんの夏の思い出ができました。幼稚園にいきだしてからはよく話ができるようになり、孫の成長は目を見張るばかりです。孫のいない我が家はひっそりと静まり返り、「寂しい…」また、会話のない夫婦生活がはじまります。

[ 旅と散策2016年8月2日 夏の思い出 2016 ]
孫が帰省 2016夏
4ヶ月振りの再会に感動
夏休みシーズンが近づくにつれ、孫の帰省を心待ちにしていました。

8月7日(日曜日)。京都市内では、37℃を超える猛暑日。孫が新幹線のぞみ「京都駅13:51着」で帰省、大きく手を振りながら笑顔で降りてきた。京都駅から自宅まで交通アクセスが悪く、毎回帰省の送迎は京都駅ホームまで来ています。今回の帰省期間は2週間、孫に朝早く起こされ、遊び相手にもなり、プールやBBQなど、夏ならではのお出かけスポットを考えています。今年の夏休みも孫に振り回されそうです。

※4歳8ケ月、身長108僉体重19.2圈また大きくなった。
春休み孫と一緒に、東条湖おもちゃ王国
孫の春休み
休みの度に孫を遊びに連れて行くのが一苦労です。(4歳5ケ月、身長105僉体重18.5圈
今回は、「東条湖おもちゃ王国」幼児向けおもちゃのテーマパーク。新幹線京都駅まで迎えに行き、その足で名神高速道路「京都南IC」⇒中国自動車道「ひょうご東条湖IC」下車約10分、「ホテルグリーンプラザ東条湖」宿泊。翌日は、開園から孫がクタクタになるまで、おもちゃ王国で遊びました。

東条湖おもちゃ王国

4月2日(土曜日)晴れ。見て、触れて、体験できるおもちゃのテーマパーク。おもちゃのお部屋は全9館あり、全て冷暖房完備の屋内なので、天候に関係なく遊べるのが魅力的です。入園料を払えば、後は自由におもちゃで遊ぶことができ、女の子には「リカちゃんハウス」、お料理・お化粧ごっこなどが楽しめる「ままごとハウス」が人気です。

男の子には広大なプレイコーナーで遊べる「トミカ・プラレールランド」が大人気です。その他にも大好評の巨大立体迷路など約20種類のアトラクションが揃っています。付添があれば0歳のお子様でも利用できるものが約10種類も!そして、おもちゃ王国の仲間たちによるイベントも毎日開催中です。

また、春は約10,000本のチューリップや約200本の桜など花々が色鮮やかに園内を彩り、家族でお花見も楽しむことができます。その他、目の前には「ホテルグリーンプラザ東条湖」が隣接しており、東条湖おもちゃ王国のチケットとセットになったお得なプランが多数あります。小さな赤ちゃんやわんぱくなお子様向けのお部屋もあり、家族みんなで安心のひとときを過ごせるホテルです。

[ 旅と散策2016年4月2日 東条湖おもちゃ王国 ]
東大寺大仏殿へ初詣
1月3日(日曜日)晴れ。
今日は春を思わせるような穏やかな好天に恵まれました。
年末から帰省中の孫娘(4歳、身長103cm、体重18圈砲、鹿を見たいとせがまれて奈良公園に行ってきました。奈良公園周辺は観光客でごった返し、ここでも中国人観光客の姿が目立ちました。

大仏さまの鼻の穴の通り抜け

大仏さまの右側に四角い穴のあいた柱があります。この穴は大仏さまの鼻の穴と同じ大きさで、(縦37 cm 横30cm 奥行108cm )この穴をくぐると無病息災のご利益があると言われています。孫は何度も穴を通り抜けてご機嫌でした。子供や細見の女性は通り抜けることができますが、大人の男性がくぐり抜けるのは至難の業です。


※元旦は、大仏殿正面の桟唐戸が開かれ、そこから大佛さまのお顔を参拝することができます。これは8月15日の万燈会の夜とこの日の年2回だけ。中門の基壇上から見上げるとちょうど窓の中に大仏さまのお顔を拝むことができます。

[ 旅と散策2016年1月3日 東大寺・大仏殿 ]
孫の七五三宮詣り
11月22日。三連休中日の日曜日、千葉神社で孫娘3歳の七五三参りでした。前日に東京の親戚に泊まり、直接JR千葉駅近くの千葉神社に向う、お宮参りでも訪れていた。当日は曇空に時々薄日を差す天気、雨も降らずなんとかもってくれました。

まごにも衣装(馬子にも衣装)

朝一番の宮参りは、七五三参りとお宮参りの数組の家族連れが神殿前に並び、厳かにご祈祷が執り行われます。(神主さんが読む祝詞の後、巫女さんが鈴をもってお祓いをします。)今日まで孫娘も三歳に無事成長したことに感謝し、更なる健やかな成長を願ってお参りいたしました。
祈願後には、晴れ着姿の孫娘が千歳飴を持って、神社の前で写真を撮るのが定番です。一緒に記念写真を撮ってきました。
「着物姿って可愛いね〜」
孫の帰省 2015夏
いつも通りの生活に戻る
8月7日(金)から20日(木)まで、娘と孫が帰省しました。(孫3歳8ヶ月、17kg)
娘は孫をジジババに押し付けてのんびり、私は孫が喜ぶ場所探しに大変。
朝早くに起こされて、午前中は庭先でプール遊び、お昼寝の後はお買い物(ショッピングセンター・スーパーマーケット)など、元気な孫の相手は大変です。病気や怪我をしないように面倒を見るのも1週間が限度ですね。でも、そのうち孫も大きくなると寄りつかなくなるでしょう。

生駒山上遊園地

標高642mの生駒山上は平野部と3〜5℃ほど低いとのこと、東京スカイツリー(634m)とほぼ同じ高さです。 乗り物の行列に並んでいる時はさすがに暑く感じましたが、木陰に入ると過ごしやすい。遊園地は幼児が楽しめる乗り物やアトラクションがメインとなっています。ひときわ目を引くのが飛行塔(高さ約30m)4機の飛行機がゆっくり回転上昇し、西に大阪平野、東に大和盆地を一望することができます。

夏はナイター営業も行われ、 夜景と涼しさを求めて訪れる人も多く、生駒山ビューレストランからの大阪平野の夜景は絶景です。

[ 旅と散策2015年8月14日 生駒山上遊園地 ]

湯村温泉

8月16日(日曜日)晴れ。
孫と一緒に、温泉&プールの湯村温泉に行ってきました。春来川の畔に湯煙を上げる情緒ある山あいのいで湯「湯村温泉」は、嘉祥元年(848年)今からおよそ1150年前に慈覚大師によって発見されたと伝えられている古湯であり、元湯は「荒湯」と呼ばれ98℃の高温泉が毎分470リットルも湧出しています。

荒湯に生卵をつけて、約10分で温泉たまごのできあがりです。春来川沿いの足湯に浸かりながら頂く温泉たまごの味は絶品です。温泉にプールと孫娘も大満足したようです。
お盆も過ぎて、孫と一緒の楽しい夏休みも終わりに近づいてきました。
三歳になったら「三才駅」
孫の三歳記念

7月17日(金曜日)曇り。
長野市内をドライブ中、新聞掲載で知っていた「三才駅」に行って来ました。
JR信越線三才駅、1958年(昭和38年)開業。三才は地名だが、由来は馬の産地だったため三歳馬にちなむとも… 三才駅では、その名前にちなんで三歳を迎えた子供たちが訪れるそうです。駅構内で記念入場券が購入出来、子供サイズの駅長の制帽を貸し出し記念写真も撮れます。

夫婦で三歳を迎えた孫娘の健やかな成長祈願して、三才駅の写真を撮影し娘にLINEで送りました。近くには善光寺などの観光スポットもあるので、機会があれば孫娘を連れてまた立ち寄りたいです。
GWひらかたパーク
GW孫娘が帰省しました。今春で3才4ヶ月、身長98cm、体重16圓判臘瓦棒長しています。入園式に行くまではとっても幼稚園を楽しみにしていたのに、最近では幼稚園に行きたくない、ママと離れたくないと泣き出し、毎朝送り出すのに悪戦苦闘しているそうです。

孫お気に入りの遊園地

5月5日こどもの日(火曜日)晴れ。
絶好の行楽日和にひらかたパークは、超満員。
お弁当を作って、9時過ぎに到着。10時開園のひらかたパークの駐車場はすでに長い行列ができ、切符を買い求めて入園するのに約30分待ち。アトラクション(乗り物)も朝の時点では10分待ち、早かったので一通りのアトラクションに乗ることができました。時間の経過と共にお昼頃になると、園内は混雑し始め多くの家族連れで歩くのも大変、孫が疲れているので早めの帰宅としました。帰り際、園内駐車場の入庫を待つ自動車が国道沿いまで並んでおり、混雑を避け朝早く出掛けたのが正解でした。
※ひらかたパーク入園券とフリーパス(乗り物券)大人:4.400円、未就学児:2.600円

[ 旅と散策2015年5月5日 ひらかたパーク ]
孫の入園式
4月1日(水)〜7日(火)まで、旅行を兼ねて車で千葉に行ってきました。
一日目、美ヶ原高原の南麓で薄川渓谷の上流に位置する扉温泉「明神館」宿泊。二日目は、2014年6月に世界文化遺産に登録された「富岡製糸場」見学。緑豊かな自然に囲まれた奥日光、日光三名瀑「華厳の滝」「湯滝」「竜頭の滝」を見学し、自然の迫力、偉大さを目の当たりにしました。奥日光温泉「森のホテル」宿泊。

4月から幼稚園へ入園

千葉県 4月4日(土曜日)曇り。
ついこの前、生まれたばかりだと思っていたのに… 孫も3才になり、今年の春から幼稚園に入園することになりました。
幼稚園は3年保育へ。入園すれば、娘も続けている仕事や家事にも時間的余裕が持てそうです。
孫は一人っ子のため、食べ物の好き嫌いやママべったりの生活から「幼稚園に行きたくない」と言い出すんじゃないかと心配です。

私たち夫婦は、旅の途中に立ち寄り、入園式には出ずにお祝いを渡し食事会を催し、次の旅先へ向う…
孫娘、三歳のお誕生日
孫の帰省で、忙しい年末・年始

12月26日(金曜日)。
JR新幹線京都駅に孫を迎えに行く。JR京都駅に着くや否や、私達に駆け寄り写真の決めポーズ。
翌朝27日(土曜日)。自動車でお伊勢参りに出掛け、鳥羽温泉に一泊。翌日は鳥羽水族館と鳥羽湾めぐり遊覧船に乗船し、存分に鳥羽を楽しんできました。
お正月は、地元の氏神さんに初詣、5日は神戸市立王子動物園に遊びに連れて行き、今回もたくさんの楽しい思い出を作って、1月7日(水曜日)に帰りました。

三歳の誕生日

早いもので12月29日で、満三歳の誕生日を迎えました。毎回のことながら子供の成長は早い、オムツもはずれしっかりしてきた。はっきりした口調で矢継ぎ早に喋りだし自己主張もするようになってきた。体重も15kgを越え、身長も伸びたようです。最近では、自宅にじっとしていることも少なく、機会があれば家の外に出たがる、お買物や公園とママも少々疲れ気味です。

食べものも、たくさん食べるようになりましたが、野菜は嫌いなようです。今春から幼稚園に行くので、好き嫌いないよう工夫して食べさせているようです。
また、女の子はままごと遊びが好きなように、台所に椅子を持ち出しては立ち上がり、お手伝いをするといって聞かない。エプロン着けて、ハンバーグ、餃子、ピザを作るお手伝いをしています。

[ 旅と散策2014年12月28日 鳥羽水族館 ]
[ 旅と散策2015年01月05日 王子動物園 ]
孫と一緒に夏休み 2014
台風と共に孫台風がやってきた!
8月10日(日曜日)雨。今朝は台風11号の影響で大荒れの天気になり、東海道新幹線下りも30分遅れで「京都駅」に着く、と同時に孫台風もやってきた。
この夏も孫と一緒に、夏の思い出をたくさん作ってあげたい。

ぶどう狩り

8月13日(水曜日)晴れ。孫が楽しみにしていたぶどう狩りに行ってきました。お盆休みの帰省ラッシュを避けて(名神高速道路)、国道を走ることにした。途中、大好きな狸の置物がある信楽の里(滋賀県甲賀市信楽町)で一休み。昼前には、「アグリパーク竜王」に到着。早速、近くの農園へ、はさみとかごをもらってぶどう狩り開始。8月上旬のぶどう狩りは(中粒のアーリースチューベン)「大人1,200円、幼児無料。」

木の枝にたわわに実ったぶどうの房、食べ放題です。孫が一口食べるや否や「甘い・美味しい」。3房は食べたかな? ぶどうでお腹がいっぱいです。
アグリパーク竜王へ戻り、動物ふれあい広場で遊び、昼食は名神高速道路「大津SA」で済ませて帰宅する。今日は、30℃を越える猛暑にヘトヘトです。

[ 旅と散策2014年8月13日 ぶどう狩り ]

越前松島水族館

8月18日(月曜日)晴れ。楽しみにしていた孫とのプール&温泉旅行は、17日の大雨で台無し、プールは寒くて入れず、夜の催しも中止、おとなしく温泉に入浴して寝ることにした。
翌朝、前日の天気とは打って変わり好天に恵まれました。山中温泉から約1時間、越前松島水族館「大人:2,000円」は、見て・ふれて・体験・体感型の水族館です。イルカショーやペンギンの散歩などの楽しいアトラクションの他、サメや巨大なタコ・ドクターフィッシュなどに触れたり、ウミガメや海の魚に餌を与えられます。また、水面がガラス張りの珊瑚礁水槽の上を歩けたり、水中トンネルの「ぺんぎん館」など、館内を汗をかきながら回り楽しんでいました。遊び疲れたのか帰りの車ではグーグーと寝入っていました。

[ 旅と散策2014年8月18日 越前松島水族館 ]
孫の大好物「ミニトマト」
ミニトマトの収穫

去年は赤いミニトマトの苗を5本を植えましたが、赤く色づくのも我慢できず、採ったらそのまま口に運びます。今年は本数と種類を増やし、5月GWに、赤いミニトマトの苗10本と黄色いミニトマトの苗6本を植えました。
7月1日、家庭菜園のミニトマトが次から次へと色づきはじめ、毎朝20個程収穫できます。帰省中の孫娘がミニトマトの収穫を楽しんでいました。

ミニトマトの育て方

小さくて可愛いミニトマトは大変育てやすく、初心者の方でもつくりやすい野菜です。さらに、ビタミンC、カロテン、リコピン等大変栄養豊富な野菜です。日当たりの良い場所で、太陽の日差しをいっぱい浴び、灌水を控えて栽培しました。
ミニトマトは、一度に10個以上の実を付けることも珍しくなく、地植えにして支柱を立ててやると1本の枝からたくさんの実が収穫できます。

ミニサイズのトマトは、収穫してそのまま食べていたのが、最近では台所に高椅子を運び、その上に立って収穫してきたミニトマトを洗ってから、口にほうばる孫は、ミニトマトが大好物です。
孫と一緒に、東京スカイツリーに上る
一ヶ月ぶりに孫と再会
6月3日(火曜日)晴れ。東京スカイツリー正面エントランスで9時に孫と待ち合わせ、
嬉しそうに「じぃじ〜」と、言いながら駆け寄って来る孫の姿が愛おしい。

東京スカイツリー

平日の午前9時、当日券で待ち時間なし。
高さ634m、東京スカイツリーのエレベーターは噂通り早い、分速600m約50秒で天望デッキ350mに到着。展望ロビーのほかレストランやショップが入居。「入場料金天望デッキ大人:2060円」事前購入する日時指定券は、何故か510円高い。更に、天望回廊は100m高い450m、当日購入のみの入場料は、「大人:1030円」。


2012年5月22日にグランドオープンした地上デジタル放送などの電波を送信する自立式電波塔。伝統的日本建築などに見られる「そり」や「むくり」をもち、五重塔の心柱制振システムなど古来の技と日本の最新技術による制振構造となっている。「藍白」をベースとしたかすかに青みがかった白が繊細な輝きを放つ。その足元には商業施設東京ソラマチやすみだ水族館、プラネタリウムで構成される東京スカイツリータウンがあります。

[ 旅と散策2014年6月3日 東京スカイツリー ]

すみだ水族館

東京スカイツリータウン内に2012年5月22日にオープンした「すみだ水族館」。
規模は小さいが、綺麗にディスプレイされた水槽は都市型水族館という言葉がぴったりです。見所はやっぱりペンギンです。愛嬌のある動きに心が癒されます。また、大小様々な水槽の中に多数のクラゲが漂う空間は幻想的です。規模の割りには少々値段は高め、しかし孫達には体験プログラムも用意されており、年間パスポートを購入して楽しんで通っています。「料金大人:2050円・年間パスポート大人:4100円」

[ 旅と散策2014年6月3日 すみだ水族館 ]
孫と一緒にいちご狩り
5月5日(曇りのち雨)子供の日。
ゴールデンウイークに孫娘が帰省した。4ヶ月ぶりに会う孫(2歳5ヶ月)。また一回り大きく成長し、体重も2堊え14圈Jっこするのも重く感じる。

信楽焼「狸の置物」

我が家の自宅玄関にある「たぬきの置物」に、孫が興味を示し、狸を見て「ポンポコ・ポンポコ」と、お腹をたたく仕草をします。機会があれば、一度信楽に連れて行ってやりたいと思っていました。今回、いちご狩りの途中、信楽町に立ち寄ることができ、沢山の狸の置物を見て大はしゃぎ。お土産に可愛いリボンを付けた女の子の狸を購入しました。

いちご狩り

子供の日は、いちご狩りの入園者制限が予想され、1ヶ月前にいちご園に電話予約を入れていた。45分間食べ放題「大人:1600円・3歳以下無料」。孫は食べるより、大きい真っ赤ないちごを見てテンションが上がり取るのに夢中!取ったいちごは私の口へせっせと運び、40〜50個は食べたかな?
何はともあれ、信楽の狸の置物といちご狩りに孫が喜んでくれたことが、子供の日の良いプレゼントとなりました。今回の帰省は3泊4日、丁度いい期間でした。
タブレットで、LINE@をはじめました。
孫とLINEでつながる

千葉県に住んでいる孫とLINEをしたいので、昨年末にタブレット端末「i Pad(アイパッド)」を購入しました。タブレット端末の選び方から購入後の初期設定に至るまで、若手社員に手伝ってもらい操作方法を教わる。

LINEは、操作の容易さに加え、短い文章やスタンプと呼ばれるイラストのやり取りが無料通話で出来、コミュニケーション手段としてとても便利です。
メッセージを読んだことを相手に知らせる「既読」表示が、「離れて住む家族に安否を知らせる手段になる」など、利用が広がっています。タブレット型端末は、スマートフォン(携帯電話機)と異なり、ディスプレイの文字入力も容易で大画面で見やすいのが良いですね。今は遠く離れた、孫の成長をテレビ電話で見るのが何よりの楽しみです。

現在、世界で利用者3億人を突破したLINEは、通信事業者に依存せず手軽に会話できるツールとして若年層を中心に急速に普及しているが、高齢者にとってもメールより操作が簡単で、子供や孫ともすぐにつながる点は大きなメリットです。
孫の2歳の誕生日
あけましておめでとうございます。

孫の成長が何よりの楽しみ

12月26日(木曜日)、年末・年始に孫が帰省してきた。
前回(8月)よりも体重が3堊え13圈∧っこするのも一苦労です。成長したことは、よく喋るようになったことです。「ジィジィ」と早朝に起こされ、遊び相手と幼児語での会話、行動範囲も広がり目が離せない。普段通りの自分のペースが乱され、嬉しい反面子守は疲れます。そんな10日間余り、やっと5日(日曜日)京都駅まで無事送り届けることが出来ました。部屋のおもちゃを片付けると、やっと我が家にも穏やかな生活が戻ってきました。

恐る恐る触る、「鹿さん可愛いね」

12月31日(火曜日)孫が靴を履いて外に出たがるので、奈良公園に鹿を見に連れて行く。
いわずと知れた奈良公園には、野生の鹿が約1,100頭もいます。公園内で販売されている鹿せんべい(150円)を見せると、たくさんの鹿が集まってきて、あっという間に鹿に囲まれてしまう。はじめて鹿との対面にも驚かず、鹿せんべいを与えていましたが、孫よりも大きな鹿はせんべいをおねだり、なくなると孫のお腹をめがけて頭突き、思わず尻餅をつき泣きべそをかく。その後も鹿を怖がらず、喜びいっぱいの笑顔が印象的でした。
夏の思い出 2013
「ジィジィ、バァバァ」
6月に続き、8月盆休みに孫娘が帰省した。1歳8ヶ月
2ヶ月が経過、「ジィジィ、バァバァ」と喋れるようになりました。

今年の夏は猛暑続き、自宅の庭でプール遊びやセミ取り、夕方になると線香花火をして楽しいひと時を過ごしました。もっぱらのお気に入りは、庭に植えたミニトマトです。赤く色づいたのを見つけては、一口でパクリと食べます。しかし蚊に刺されると赤く腫れ上がるので、蚊取り線香を持って後を追いかけるのが大変でした。

海デビュー

今回の帰省で楽しみにしていたのが、白浜温泉、白良浜「海デビュー」、アドベンチャーワールドでのパンダとの対面とペンギン達とのお散歩です。
20日(火曜日)晴れ。朝の寝る時間に合わせて自宅を出発、途中目を覚ますがどうにか白浜の旅館まで、おとなしくしてくれました。早速、旅館前の白良浜に海水浴に出掛けるが、初めてとは言え、水を怖がる様子もない。無事「海デビュー」を果たしました。

パンダとの対面

翌日は、朝からアドベンチャーワールドに向う、旅館で貰った小さなパンダのぬいぐるみを抱えていたが、本当のパンダの大きさに驚いたようです。昨年誕生した赤ちゃんパンダ「優浜」も、8月で1歳のお誕生日。もうひとつのお気に入りが、「ぺんぺん(ペンギンのこと)、家族揃ってペンギンとのふれあい体験です(可愛いペンギンと記念写真を撮る)」

ガラス越しにペンギンを見て、あんなに興奮していたのに、いざ本物のペンギンを目に前にして恐る恐る触っていたのが、何とも言えませんでした。
どうにか夏の約束を果たすことができ、やれやれ…。
長いようで短かった2週間(8月12日〜25日)の夏休み、孫との楽しい夏の思い出が沢山出来ました。

[ 旅と散策2013年8月20日 白良浜とアドベンチャーワールド ]
孫が歩き始めました。
孫の成長に驚き

6月17日(月)〜23日(日)。
年末に1歳になった孫と娘が半年振りに帰省した。京都駅に迎えに行くと、私の顔を見て抱かれるのを少し躊躇していたが、直ぐに慣れたようです。孫の成長は早く、片言の言葉を言い始め、ぎこちない足取りでヨタヨタと歩き始め、自分の思いを体で表現するようになってきたようです。体重は半年で1.5堊え、現在11.5圈

関西地方は梅雨に入り、雨降りや曇り空が続く毎日です。
17日、自宅到着後、孫にサプライズプレゼントが待っていました。襖を開けるや否や、孫がこっちを向いて微笑、手を叩く仕草、早速「ブランコ、すべり台、ジャングルジム」の遊具に乗って遊びだしました。この頃、外に行きたくなると、外を指差し、自分で帽子を被り靴を履かせてとせがみます。雨降りで外に出て遊べない分、室内遊具でよく遊んでくれました。

動物園デビュー

つかの間の1週間、帰る前日「京都市動物園」に、家族揃って行くことにしました。てるてる坊主を作って祈っていたおかげで、雨も何とか上がり好天に恵まれました。はじめて見る動物達に最初は戸惑い気味でしたが、時間がたつにつれ興味深そうにオリ越しに覗き込んでいました。特に、気に入ったのが園内にある遊園地で乗り物(汽車、ボート、自動車)に乗るのは初めての体験ということもあり、大はしゃぎでした。

翌日23日、京都駅へ見送り、新幹線の車窓から孫がバイバイと手を振り、私達も無事に見送る事ができ、ヤレヤレといった気持ちです。(孫が帰った後は、どっと疲れがでました。)
この半年間での孫の成長に驚く、1週間でした。

[ 旅と散策2013年6月22日 京都市動物園 ]
ひな祭り
健やかに育つようにとおひなさまに想いを込めて

3月3日(日曜日)。
今年の桃の節句にひな人形が間に合うようにと、年末帰省の折、1歳の孫娘を連れて、京都老舗のひな人形店に行ってきました。
娘に女の子が生まれると、御正月にお嫁さんの実家から羽子板、桃の節句にはひな人形を 送るという 風習があります。親たちが子供が少しでも健やかに育つよう幸せを掴めるようにと願って、祭ったのがひな祭りの始まりです。現在では,嫁入り道具というよりも、女の子が生まれたときにお祝いとして送られています。
孫の満一歳のお誕生日に「一升餅」
一升餅

孫の成長は早くて会うたびにびっくりします。
年末12月に孫の誕生日に、一歳まで無事に成長したことをお祝いすると同時に、これからも健やかに育つことを祈る伝統的行事を行いました。
一升餅とは、「一生(一升)食べ物に不自由しないように」「一生(一升)健康に育つように」という願いを込めて、リュックサックにお餅を背負わせる行事です。(普通は、風呂敷でお餅を包みますが、今では小さなリュックサックに入れて背負わせることもあるようです。)

背負わせる場合、ちゃんと立てればいいのですが、踏ませたり、抱かせたりなど、地域によって様々なお祝い方法があるようです。つまり、どうやっても縁起が良い行事なのです。家族揃って孫の成長を祝いました。準備した一升餅は、紅白で約2kgの重さ、(正確には一升は1.8kg)伝え歩きの孫には立つのがやっとで、リュックに小さな餅を入れました。お餅を買い時に大きさや種類があるようで、好みに応じて注文できます。
「一升餅」の背負う儀式が終わった後は切り分けて、お正月に紅白の餅入り雑煮として家族で頂きました。
来て嬉しい帰って嬉しい孫の顔
千葉県在住の娘が、混雑を避け孫を連れて早めに帰省した。
1週間、孫と寝食を共にして感じたことは、孫の可愛さは自分の子供とは違う可愛さがある。

甚平さん姿でツーショット

7月1日(日曜日)孫との生活がはじまる。
生後6ヶ月ともなれば人見知りがはじまり、母親の姿が見えなくなると泣き出してしまう、私が抱くとワンワン大声で泣き出し困らせます。毎日顔を合わせて遊んでいると、どうにかこの顔にも慣れてきた様子、ニッコリ笑ったりもする。お気に入りの服やおもちゃも買い、夕方帰宅すると笑顔で迎えてくれるようになった。


7月7日(土曜日)あっという間に、一週間経ってしまった。JR京都駅駐車場からホームまで、私の体に頭を預けおとなしく抱かれている。孫との別れ、「またおいでね、バイバイ」新幹線に乗る時、なんだか寂しくなってきた。半面、普段の生活が取り戻せ”ホット”ひと息ついたところです。今、思えば楽しい思い出もたくさんできたし、孫の笑顔にとっても癒されました。次に会う時まで、顔を覚えていてくれるだろうか。
お宮参り「千葉神社」
4月13日(金曜日)晴れ。
初孫のお宮参りに、JR千葉駅徒歩15分のところにある千葉神社にいってきました。

桜満開のお宮参り

日本では赤ちゃんが誕生すると健やかな成長を願って、生誕約1ヶ月目に、両親と父方の祖母が付き添って神社にお宮参りをする風習があります。(現代では、母方の祖母が付き添うことも多くなっている。)その土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、無事に生まれた感謝と健やかな成長を願う行事となっています。

住所:千葉県千葉市中央区院内1-16-1 TEL:043-224-2211 
[ 旅と散策2012年4月13日 千葉神社 ]
安産お礼に「水天宮」
1月2日(火曜日)東京・晴れ時々曇り。
2011年12月30日ブログでアップ。13年ぶりの赤ちゃんが、予定より1週間早く昨年の29日に無事誕生しました。今日は安産のお礼参りに、水天宮に来ました。

安産祈願と言えば水天宮

日本には古くから、妊娠5ヶ月目に入った最初の戌の日に、妊婦さんが腹帯を巻いて 安産祈願のお参りをする風習があります。何故、「戌の日」に安産のご祈祷をするのか、古来、犬はお産が軽いので、それにあやかって「戌の日」に帯を巻く習慣があるそうです。
水天宮は中央区日本橋蛎殻町のお宮(神社)で、安産・子授け・七五三・初宮・芸能祈願・ 水難除けなどのご利益で知られています。アクセスも便利で、東京メトロ 半蔵門線「水天宮前駅」5番出口すぐ。

住所:東京都中央区日本橋蛎殻町2-4-1 TEL:03-3666-7195
[ 旅と散策2012年1月2日 水天宮 ]
お爺さんになりました。
苦難の年、苦難の出産

2011年12月29日午後7時過ぎ、予定日1週間前に陣痛がはじまり急遽入院。体重3120g、身長約47.2cmの元気な赤ちゃんが産まれました。直ぐに写真が添付された携帯メールが届いた。
翌朝、千葉県の病院に向かい母子共に健康であることに”ホッ”とした。寝ている赤ちゃんの顔を見ていると、我が子の出産の時と異なり感激もひとしお、なぜか熱いものが込み上げてきた。

3・11の東日本大震災では、多くの尊い命が奪われました。今後も原発事故による健康被害との戦いも続きます。しかし苦難の年に、苦難の末に誕生した赤ちゃん。明るく元気いっぱいに、たくましく育って欲しいと私は願っています。
はじめて東京(宿泊先)で年末・年始を迎えることになりました。

▲PAGE TOP

カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

最近のエントリー
カテゴリー
スポンサー・サイト
ブログ内を検索


過去のエントリー
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS