秘境「奥大井湖上駅」
日本一の急勾配を登る「アプト式鉄道」

11月18日(金曜日)晴れ。
大井川上流部・奥大井の渓谷をゆっくりと走る日本唯一のアプト式電車、南アルプスあぷとライン。大井川水系のダム建設のために作られた歴史を持ち、今は奥大井の観光列車として運行しています。 90パーミルという日本一の急勾配や、日本一の高さの鉄道橋(関の沢橋梁)、日本唯一の奥大井湖上駅など、見どころがたくさんです。

コースは、奥泉駅から赤いトロッコ列車(アプト式鉄道)に乗って、「奥大井湖上駅」下車、接岨峡温泉まで約1時間のウォーク、自然豊かな秘境の奥大井渓谷に大満足でした。
※90パーミルと言えば、1000mに対して90mの高さ。

[ 旅と散策2016年11月18日 奥大井湖上駅 ]
富士五湖 紅葉めぐり
秋の富士五湖

11月17日(木曜日)。今日は朝から好天に恵まれ、富士山がくっきりと見えました。旅行二日目の行程は、山中湖(下車観光)⇒河口湖(もみじまつり)昼食⇒河口駅から富士山ビュー特急乗車⇒「富士山駅」下車⇒西湖(車窓観光)⇒精進湖(車窓観光)⇒本栖湖(本栖湖越しに富士山を臨むと、千円札裏面の絵柄のモデルとなった富士山の景観が楽しめます。)⇒奥浜名湖温泉(泊)


富士河口湖もみじまつり

色鮮やかな紅葉に染まった河口湖北岸で開催。みどころはゆっくり、ゆったり、心を癒す「もみじ回廊」。周辺は飲食やお土産、クラフト市などの出店で賑わっています。日没からは、ライトアップも行っており、写真撮影のスポットとして有名な「紅葉トンネル」はおすすめです。

[ 2016年11月17日 富士五湖紅葉めぐり ]
紅葉の箱根大涌谷
11月16日(水曜日)〜11月18日(金曜日)2泊3日。JTBツアー「紅葉の箱根大涌谷、富士五の紅葉、奥大井湖上ウォークの旅」に参加してきました。

箱根ロープウェイ

桃源台から姥子、大涌谷、早雲山まで約25分の空中散歩。天気が良ければ芦ノ湖越しに富士山を眺めることができますが、あいにくの曇り空に、富士山は見れませんでした。
ロープウェイからの眺めは、山々が赤・黄・オレンジなど 色鮮やかに紅葉し、大涌谷の噴煙の様子を間近に見ることができます。大涌谷名物「黒たまご」5個入り500円を、2個半ずつ食べて長生きできそうです。(一個食べるごとに、寿命が7年伸びると言われています。)

※大涌谷は去年の6月に噴火以降規制がかかり立ち入り禁止になっていましたが、今年の7月から規制が解除され、箱根ロープウェイは全線運転再開!

[ 旅と散策2016年11月16日 箱根大涌谷 ]
新しい車がやってきた!
三台目、クラウン
11月25日(金曜日)大安、待ちに待った納車日です。
3年半前に買った(2013年式)クラウンアスリート、中古車買取G社で、下取価格より30万アップの査定に翌日手放した。即、ディラーに新車を注文して納車日まで、約1カ月余り待ちに待った納車です。

クラウンアスリートターボ

新車は2015年10月にマイナーチェンジを行なったクラウンシリーズ。車両は、2.0リッター直列4気筒直噴ターボエンジン搭載の特別仕様車(J-FRONTIER)。今までの車両との違いは、ターボエンジン搭載、18インチのアルミホイール、オプションでスライド電動ムーンルーフ(サンルーフ)装着。早速、26日(土曜日)は晴れ。新車で初のドライブ、高速道路を疾走し、車の魅力を存分に満喫してきました。
新しいパソコンがやってきた!
パソコンの電源を入れる度に、Windowsの起動が遅く、
動作の遅いパソコンに、ストレスを感じる毎日です。

パソコンの動作が遅い

6年間使っているパソコンの動作が遅くなってきた。一般的にパソコンの寿命は4〜5年と言われ、早速「買い替え」を検討、安いパソコンを探した。同じ性能でありながら値段が安い、DELL社のパソコンをインターネットで購入しました。古いパソコンから新しいパソコンへのデータの入替、インターネットやメールなど難しい作業はパソコンに詳しい若手社員にやってもらいました。

今まで通り使えて、気分上々です。ブログとHPの更新作業がボケ防止にもなり、楽しい老後が送れそうです。でも、あと何年できるかなあ…
逆流性食道炎
夏の疲れ

今年の夏は、旅行や外食の機会が増え、体重が3圓眩加しました。
10月に入り、胃の調子が思わしくない。症状は、食事をした後に頻繁に胸やけが起こったり、ゲップが出たりする、夜は寝床に入ると胃がムカつき寝付かれず、寝不足と食欲不振に悩まされていました。市販の胃薬を服用するが一向に良くならない。翌朝、かかりつけ医で受診「逆流性食道炎」と診断され、胃酸の分泌を抑える薬(ランソプラゾールOD錠30mg)を処方、夕食後の服用で胸やけもおさまり、ぐっすり熟睡することが出来ました。

しかし、薬の影響か下痢が止まらず食欲もない、2週間で体重が激減(5圈法
夏の疲れが出てきたのかなあ〜

※逆流性食道炎の再発防止
 眠るときは、腹部から上を高くする。
 前かがみの姿勢を避け、背筋を伸ばす。
 お腹を締め付けないようにする。
 過度のアルコールや炭酸をとらない。
 食事は腹八分目で、よく噛んで食べる。
社員旅行2016
上高地と乗鞍の紅葉、信州の秘湯「白骨温泉」
10月7日(金曜日)〜8日(土曜日)。例年の社員旅行は、11月中旬頃に行っていましたが、今年は1ヶ月旅行を早めて、信州の紅葉ツアーを企画いたしました。

社員旅行2016

8:30出発、名神高速道路⇒東海北陸自動車道⇒上高地沢渡駐車場・シャトルバス乗車⇒「大正池」バス停下車⇒河童橋まで約1時間のハイキング⇒上高地バスセンターから⇒上高地沢渡駐車場⇒白骨温泉「新宅旅館」17:00チェックイン。 翌日雨のため、乗鞍岳ハイキングを中止⇒お土産・買い物ツアーに変更⇒郡上八幡「魚寅」昼食後、帰路につく。

※夏が暑かったせいか、紅葉の見頃には早く、また台風の影響もあって葉がたくさん落ちていました。

秋の上高地

上高地は、長野県松本市にある標高約1,500mの山岳景勝地です。中部山岳国立公園の一部として、国の文化財(特別名勝・特別天然記念物)に指定されています。 清らかな梓川に架かる河童橋から望む山々の雄姿、大正池や明神池、徳沢など、山と緑と水の風景が織りなす上高地。「神の降り立つ地(神降地)」とも称される日本屈指の山岳景勝地として、年間150万人もの人々が訪れ賑わいをみせています。

※上高地では、環境保護のためにマイカーの乗入が規制されています。

[ 旅と散策2016年10月7日〜8日 秋の上高地と白骨温泉 ]
郡上八幡城
下呂温泉からの帰り道、郡上八幡城に立ち寄り天守閣に上る。ランチは魚寅の鰻丼を食べて、帰路につく。※今回のドライブ総走行距離は、1280辧

日本最古の木造再建城

戦国時代末期の永禄2年(1559年)、遠藤盛数が八幡山山頂に砦を築いたのが始まりです。明治維新の際に天守閣は取り壊しを受けるが、昭和8年に再建。木造の再建城としては日本最古。文豪・司馬遼太郎も絶賛した美しい山城からは、郡上八幡の城下町や奥美濃の山々が一望できます。初夏の新緑も美しいが、奥美濃屈指のもみじの名城として人気で、秋の紅葉は圧巻です。

[ 旅と散策2016年9月3日 郡上八幡城 ]
下呂温泉「合掌村」
旅行四日目、9月3日(土曜日)晴れ。
日本三名泉のひとつ下呂温泉に宿泊。「美人 の湯」と言われ、温泉街には無料で楽しめる足湯が点在し気軽に散策を楽しめます。
※日本三名泉は、岐阜県「下呂温泉」兵庫県「有馬温泉」群馬県「草津温泉」。

下呂温泉

日本三名泉と言われる岐阜県の「下呂温泉」。飛騨川を挟んで温泉街が広がり、その飛騨川の河原に組まれているのが、河原露天風呂の「噴泉地」。下呂のお湯は泉温、84度という高い温度で湧いている正真正銘の天然温泉です。泉質:アルカリ性単純泉、無色透明。ほのかな香りととてもまろやかなお湯。お肌に優しくからんで、絹のようにスベスベにしてくれます。

下呂温泉「合掌村」

下呂温泉「合掌村」は、白川郷などから移築した10棟の合掌家屋集落で、日本の原風景を再現した合掌の里です。村内は「合掌の里」と「歳時記の森」の2つのゾーンで構成され、それぞれに飛騨の生活文化と山野草をはじめ、さまざまな植栽などから日本の四季を感じることができます。国重文「旧大戸家住宅」を中心に合掌造りで集落を再現し、農具や民具などを展示する民俗資料館は合掌集落の生活文化を身近に体験できます。

[ 旅と散策2016年9月3日 下呂温泉 合掌村 ]
戸隠神社中社と鏡池
旅行三日目、9月2日(金曜日)今日も晴れ。
湯田中温泉を出発し、戸隠神社中社を参拝。その後、戸隠の山々に囲まれた鏡池を散策。ランチは長野市鬼無里「いろは堂」のおやきを食べ、今晩の宿泊先、岐阜県「下呂温泉」に向かう。※本日の走行距離352辧

戸隠神社中社

素戔嗚尊の度重なる非行に天照大神が天岩戸にお隠れになった時、岩戸神楽を創案し、岩戸を開くきっかけを作ったという神です。学業成就・商売繁盛・開運・厄除・家内安全に御神徳があります。社殿天井には平成15年に復元された狩野派の天才絵師、河鍋暁斎によって描かれた「龍の天井絵」があります。また、境内には樹齢700年を超えるご神木、樹齢800年を超える三本杉があり、戸隠神社の社務所が置かれています。

戸隠高原「鏡池」

戸隠神社・中社から奥社へ行く途中、左側へ狭い道路を約10分、鏡池があります。戸隠の山々に囲まれた穏やかな湖面をもつ戸隠屈指の景勝地です。(標高1100m)その名の通り、まるで鏡のような湖面が周囲の山々を移し込む。木々の緑と澄みきった空の青のコントラストはまさに絶景です。紅葉時期には色づいた戸隠連峰を映し出し、特に風のない早朝は、水面が波立たず、まるで鏡のようです。

[ 旅と散策2016年9月2日 戸隠神社中社と鏡池 ]

▲PAGE TOP

カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>


ブログ内を検索


最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS